テレワークと在宅勤務は違うのですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

表題のようなご質問を良く受けます。

テレワークは一般的には
以下のように説明されます。

『テレワークとは情報通信機器等を活用し
時間や場所の制約を受けずに
柔軟に働くことができる形態』

定義を見ピンとこないと思います。

在宅勤務もテレワーク勤務
の中に含まれます。

他にも、モバイル勤務、
サテライトオフィス勤務
と言われるものがありますね。

在宅勤務は別にしても
「わが社には現実的ではなさそう」
と思われてしまう会社もあるかもしれません。

しかし、それはイメージができない
からだと思います。

具体例でご説明した方が
イメージしやすいと思いますので
一つ具体例を上げさせていただきます。

例えば、営業マンを考えてみてください。

営業マンの中には会社に出てきてもらう
必要のない方もいるでしょう。

そのような営業社員について、
『営業先から自宅への直行直帰を
認める』

このような勤務形態もテレワークの1種です。

このようなケースは、
労使双方にとってメリット
がある場合もあるでしょう。

そもそも、会社に出てきてもらう
必要のない業務もあります。

それならば、時間を使って会社に
出てきてもらう理由もありません。

在宅勤務なら交通費の支給も
いらなくなりますし

通勤という生産性のない時間も
いらなくなります。

場合によっては、大きなオフィスも
かまえなくても良くなります。

ただ、規律は必要です。

労働時間のカウントなどの
問題等も出てきます。

そこで、様々な規則を
設ける必要があります。

テレワーク・在宅勤務については
就業規則とは別規程を設ける必要
があるでしょう。
(テレワーク勤務規程、在宅勤務規程、
モバイルワーク規程等)

ちなみに、当事務所がご依頼を受けて
作成するパターンは以下の3パターンが多いです。

1.育児等のために出社が困難な社員に在宅勤務を認める在宅勤務規程
2.営業マンの直行直帰を認めるモバイルワーク規程
3.そもそも会社に出てこなくてもできる業務の在宅勤務規程

ベンチャー企業からの依頼が
非常に多いですが、

労働時間管理の問題が出てきます。

通常の勤務形態の労働時間管理が基本形だとするなら
テレワークは応用編だと思ってください。

応用編であるテレワークを導入するには
基本は全て理解していることが
前提になります。

テレワークをはじめとした
多様な働き方を認める企業が
増えていると実感しますが、

法的な問題をクリアすることが必要です。

そうでないと、知らぬ間に違法行為を
行っていたということにもなりかねません。

そして、場合によっては未払い残業代を
請求されるなどということにもなりかねません。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
在宅勤務者の雇用実態証明書を提出していますか?
在宅勤務はじめ多様な働き方を認める会社が増えています~在宅勤務就業規則等

労務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナー

申し訳ございません。現在、募集を停止しております。

このブログへお越しいただいた方は、何らかの労務問題を解決したいと思って、お越しになったのだと思います。しかし、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、目の前の問題を何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このようなトラブルを複雑化させない(そもそも発生させない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。現在、御社がそのような状態でないしても、この6つを押さえておくことで、将来、問題が起きたときに、深刻化しなくなります。そもそも、労務問題が減るでしょう。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は『務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

メールセミナーの後にはメルマガもお送りします。


メールセミナー詳細ページ

コメント

  1. admin より:

    koui

コメントは停止中です。