だらだら残業を減らす秘訣 ~だらだら残業対策

ダラダラ残業

御社では問題となっていないでしょうか?

本当によくご相談をいただきます。

日本では、長時間残業をすればするほど残業代が増えるので
賃金が多くなるという制度になっています。

真面目に労働時間内に終わらせようとすれば終わるのに
だらだら残業をして残業代を稼いでいるひどい従業員も
中にはいるようです。

生活残業などという言葉も
一般的になってしまいましたね。

それでは、真面目に働いている
従業員のモチベーションまで
下がってしまったり、

不満がたまって社内の雰囲気まで
悪くなってしまったりします。

人件費よりもこちらの方が困る
という経営者の方も多いでしょう。

どのようにすれば、だらだら残業が減るのか?

ここで、一つお話をしたいことがあります。

社員の方もだらだら残業をしているとは
思っていない方もたくさんいるということです。

会社が考える無駄な残業と社員の方が考える
無駄な残業にずれがある場合も多いです。

そこで、残業は社員に事前申請をしてもらったうえで
会社が許可したもののみ認めるとすることで減ります。

それを管理職に仕分けをしていただくことが重要です。

きちんと残業をしてまで行う必要のある業務か否かを
判断することを管理職の業務の一つと位置付けましょう。

そのためには、管理職が部下の仕事をきっちりと
把握していることが必要ですね。

しかし、ここで最も大切なことですが、
残業を許可をするか否かを決めるのは
終業時刻になってからではいけません。

それでは、残業が減らないのは当たり前です。

終業時刻になってから残業の許可申請が
きたらどうなるでしょうか?

その日に行わないといけない仕事が
終わっていなかったら許可せざるを得ません。

残業の事前申請と許可のルールに問題があります。

私がお客様と一緒に作成した簡単なマニュアルを
メルマガ読者限定記事で書いています。

業種や会社事情等によりますので、
そのまま使用できるわけではありませんが、
ご覧になりたい方はメルマガをご購読ください。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
残業の削減には労働時間に関する正しい知識がスタートです

だらだら残業を減らす秘訣 ~だらだら残業対策” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。