だらだら残業を減らす秘訣 ~だらだら残業対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダラダラ残業

御社では問題となっていないでしょうか?

本当によくご相談をいただきます。

日本では、長時間残業をすればするほど残業代が増えるので
賃金が多くなるという制度になっています。

真面目に労働時間内に終わらせようとすれば終わるのに
だらだら残業をして残業代を稼いでいるひどい従業員も
中にはいるようです。

生活残業などという言葉も
一般的になってしまいましたね。

それでは、真面目に働いている
従業員のモチベーションまで
下がってしまったり、

不満がたまって社内の雰囲気まで
悪くなってしまったりします。

経営者にとっても悩ましい問題です。

なぜ、このような問題が
起きるのでしょうか?

いくつかポイントをお伝えします。

管理職のお仕事が明確に
なっていないからです。

例えば、残業を許可制にすれば、
残業は確実に減ります。

もちろん、就業規則にもきちんと明記
しておきましょう。

しかし、許可制にしても残業が減らない会社も
現実にたくさんあります。

その場合、残業を許可する管理職
(上司)の方に問題があります。

管理職が部下の仕事をきっちりと
把握していることが必要です。

ちなみに、残業を許可をするか否かを
決めるのは終業時刻になってから
ではいけません。

それでは、減らないのは当たり前です。

終業時刻になってから残業の許可申請が
きたら許可せざるを得ないではないですか。

ダラダラ残業については
以下の流れで減らせます。

1 残業を許可制にする。
2 残業をする必要がある場合には、終業時刻の最低1時間前
(できれば2時間前)までに残業の申請をさせる。
3 以下を申告させる
(1)終業時刻までに行うこと
(2)残業をして行う仕事と、かかる想定時間
4 上司がその内容をチェックする
・終業時刻までに行うことに不要なことがないかチェック
不要なことはやめさせて、優先順位の高いことを行わせ、
それでも、終業時刻までに終わらないかをチェックする
・残業をして行う必要があることとないことを仕分け、不要なことは削除

残業は従業員が勝手にして良いものではなく
会社の許可を必要とするということを周知徹底することが必要です

しかし、そうは言っても、会社の事情によってもかわってくるので
上記内容は会社の事情に応じて修正していくことが必要です。

業種によっては他の方法を考える必要があるでしょう。

残業の問題は、長時間労働が社会問題化される一方、
ダラダラと仕事をして必要のない残業を
社員がしていることに頭を悩ませている会社もあります。

会社によって様々ですね。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
残業の削減には労働時間に関する正しい知識がスタートです

労務問題解決の思考に必要な6つの観点メールセミナー

就業規則の仕事を通じて、会社の労務問題解決について多くの業務を行ってまいりましたが、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、問題をそのときは何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このような労務問題を複雑化させない(そもそも発生すらさせない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしましょう。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

ご受講をお待ちしています!!


メールセミナーを購読する

コメント

コメントは停止中です。