就業規則は社会保険労務士の独占業務か? ~業際問題について私が思うこと

いわゆる業際問題というものがあります。

士業には独占業務というものがありますので、
〇〇の業務は社会保険労務士の独占業務か?
というのが他士業との間で争わることがあります。

就業規則についてもそのような争いが起きたりします。

社会保険労務士法27条により就業規則の作成
が社会保険労務士の独占業務か?という問題です。

ここで、就業規則が社会保険労務士の独占業務か?に関して
私はコメントをするつもりはありませんが、

一つ必要な視点が抜け落ちているのではないか?
と思うことがありますので、

そのお話をさせていただきます。

就業規則を作成していると、その過程で、
労使協定を結ぶ必要がでてくることがあります。

労使協定とは何か?については以下の記事をお読みください。
労使協定とは何か~就業規則との違いをご説明できますか?

例えば、休日は就業規則の絶対的記載事項です。
就業規則に記載しないといけません。
言うまでもないことですね。

しかし、完全週休二日制が難しい会社も中にはあります。

そのような会社の場合は、1年単位の変形労働時間制
という制度を導入することもでてきます。

その場合には、1年単位の変形労働時間制の
労使協定という『労使協定』を締結し、
労働基準監督署へ提出する必要があります。

この1年単位の変形労働時間制等の労使協定
を締結する会社は全体から見ると少数かもしれませんが、

労使協定の中にはほとんどの会社が
結ばないといけないものもあります。

例えば、社員に時間外労働を行わせる場合には
36協定という労使協定を締結し労働基準監督署
へ提出する必要があります。

時間外労働をさせない会社は少数でしょうから
36協定の締結・提出はほとんどの会社で必要になります。

さて、これらの労使協定については社会保険労務士
の業務であることに争いはないでしょう。

つまり、仮に、就業規則を社会保険労務士
以外が作成することが法律上認められたと仮定しても、

その過程で作成が必要になってくる書類である
労使協定の作成・提出は法律上社会保険労務士の業務です。

就業規則の作成をご依頼するということは
自社では作成できないと判断したから、
専門家に依頼したのだと思います。

それにもかかわらず、「就業規則の作成の過程で
必要になってくる労使協定は自社で作成し、
なおかつ、労働基準監督署へ提出してください」
というのではお客様へのサービスという観点からは
どうなのでしょうか?

(なお、労使協定の中には労働基準監督署への提出が不要なものもあります。)

また、例えば、最近は、在宅勤務を認める企業が増えてきています。

しかし、在宅勤務者が雇用保険に加入するためには
ハローワークに提出しないといけない書類等もあります。

また、就業規則には退職の事由を記載する必要がありますが、
解雇と自己都合退職の違いで基本手当の扱いが違ってきます。

雇用保険の手続は企業に(自社で)行ってもらうにしても、
(当事務所もそのような形をとっています)
雇用保険の知識自体がないのでは困るでしょう。

そういう様々なことを考えると、
「就業規則の作成は社会保険労務士の独占業務か?」
という話を抜きにしても、

就業規則に関しては社会保険労務士が
作成するのがお客様へのサービスという点
では自然なのかなと私は思います。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
就業規則作成は社会保険労務士の独占業務か?

労務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナー

申し訳ございません。現在、募集を停止しております。

このブログへお越しいただいた方は、何らかの労務問題を解決したいと思って、お越しになったのだと思います。しかし、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、目の前の問題を何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このようなトラブルを複雑化させない(そもそも発生させない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。現在、御社がそのような状態でないしても、この6つを押さえておくことで、将来、問題が起きたときに、深刻化しなくなります。そもそも、労務問題が減るでしょう。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は『務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

メールセミナーの後にはメルマガもお送りします。


メールセミナー詳細ページ