社会保険労務士選びのポイント ~要注意「それはできません」という一言

今回は、私が専門家選ぶ際に
注意していることを書きたいと思います。

就業規則の専門家を探している方の
選び方のご参考になればと思います。

専門家にご相談した際に
「それはできません」
と言われることがあります。

専門家選びのポイントと言うより
日常的に言われていることですよね。

この言葉を言われたときには、
私は次のことを意識するようにしています。

「それは理論上できないことのか?」
(就業規則の場合には「法律上できないことなのか?」
ということになるでしょう。)

それとも、「専門家の側の実力が足りないために
できないことなのか?」

両者では全く異なります。

前者であれば確かに「できない」です。
不可能です。

しかし、後者であれば、その人ができないだけです。
他の人であればできることもあります。

同じ「できない」であっても全く違います。

専門家にも力量の差が当然あります。

特に、自分の専門領域でなければ
できないことだってあります。

医師だって眼科医は外科手術はできないでしょう。

同じ眼科医でも高度な専門的な手術は
できない医師が多いでしょう。

しかし、理論上できるケースであるにもかかわらず、
「理論上できない」とお客様にお伝えしているケース
が思いの外多いです。

しかも、専門家の中には鼻で笑うような
失礼な対応をする方もいらっしゃいます。

私はこのような対応をされるとショックですので
自分は絶対にしないようにしています。

話がそれました。元に戻します。

もちろん、自分ができないだけなのを知っていて
あえて「理論上(法律上)できません」と言う方はいないでしょう。

大抵の場合は、その専門家の力量不足で解決手段が「ある」のに
「ない」と思っているだけです。

ですから、「できない」と言われたからといって
諦めないようにしています。

そのためには、何人かに当たってみることが
必要だと思っています。

これは、就業規則(労務問題)の場合にも
当てはまることです。

もし、労務問題・就業規則について
ご相談をして「できない」と言われた場合、

何人かに当たってみることをお勧めします。

その上で、ご判断いただいても遅くはないと思います。

それは、決して失礼なことではありません。

当事務所には「できません」と
言われてお越しになる方も多いです。

しかし、当事務所の就業規則無料コンサルティング
を受けていただき、

解決手段が見つかる会社様も多く、
大変喜んでくださいます。

そういうときは、本当にこの仕事を
やっていて良かったと思いますね。

大抵の場合は聞き取り不足のことが多いです。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。