フレックスタイム制の弊害と対策について

フレックスタイム制は「導入したい」
というご相談をよく受けますが、
少し待っていただきたい制度です。

このフレックスタイム制は運用が面倒なうえ
会社としても弊害が多いです。

メリットとデメリットを挙げていきます。

メリット

確かに、フレックスタイム制は、
精算期間(多くの会社では1か月になるでしょう。)
で時間外労働を考えていきますので、

1日、1週間の時間外労働という問題
は生じません。

確かに、これは、場合によっては
残業削減という効果も期待できます。

4h 8h 10h 6h 8h

仮に、このような形で働いた場合、
普通は、8時間を超えた日(水曜日)には
割増賃金の支払いが必要になります。
(週に40時間以内に収まっていたとしてもです。)

変形労働時間制等を採用するにしても
予めシフト等で労働日と始業・終業の時刻を
特定しておく必要があります。

しかし、フレックスタイム制は始業・終業の時刻を
労働者にまかせる制度ですので、

事前にシフト等で各日の始業・終業の時刻を
特定しておく必要がありません。

下記のフレックスタイム制の条文をお読みください。
アンダーラインの部分がそれに該当します。

■労働基準法第32条の3(フレックスタイム制)

使用者は、就業規則その他これに準ずるものにより、その労働者に係る始業及び終業の時刻をその労働者の決定にゆだねることとした労働者については、当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定により、次に掲げる事項を定めたときは、その協定で第2号の清算期間として定められた期間を平均し一週間当たりの労働時間が第32条第1項の労働時間を超えない範囲内において、同条の規定にかかわらず、一週間において同項の労働時間又は一日において同条第2項の労働時間を超えて、労働させることができる。
1.この条の規定による労働時間により労働させることができることとされる労働者の範囲
2.清算期間(その期間を平均し一週間当たりの労働時間が労働基準法第32条第1項の労働時間を超えない範囲内において労働させる期間をいい、一箇月以内の期間に限るものとする。次号において同じ。)
3.清算期間における総労働時間
4.その他厚生労働省令で定める事項

また、人間は思い通りの力を
発揮する時間帯が違ったりします。

クリエイティブな業務であれば
従業員に始業・終業の時間をある程度まかせることにより、
効果的に仕事を進めることができるのは事実です。

確かに、魅力的な制度です。

デメリットや弊害

しかし、従業員に始業・終業の時刻を
決める自由を認めるということには
弊害もあります。

1.自分を律することができない方
には向いていません。

2.また、フレックスタイム制であっても割増賃金の支払い
がいらなくなるわけではありません。

1日、1週間ではなく精算期間という単位で
割増賃金を考えるだけです。

個人個人バラバラの始業時刻・終業時間で
精算期間トータルの労働時間を計算して
割増賃金を考えることになります。

集計に関しては手作業を行うのは大変でしょう。

3.そして、会社が考えている時間数(契約時間)に
労働時間が不足してしまう従業員が出てきます。

その場合の賃金の扱いなどの面倒な問題も出てきます。

4.全員にフレックスタイム制を
導入することは無理でしょう。

一部の労働者に対してフレックスタイム制を
導入することになるでしょう。

先ほどあげた条文のアンダーラインをお読みいただければ
ご理解いただけると思いますが、

もちろん、一部の労働者に対してのみ
フレックスタイム制を導入することも可能です。

しかし、1部の社員にフレックスタイム制を導入すると
「彼ら(彼女ら)だけ、ずるい!」などと
その他の従業員から不満が出てきます。

多くの会社ではクリエイティブ部門に
フレックスタイム制を導入することになるでしょうが、
どうしても特別扱いをしていると受け取られがちです。

これは、会社としては避けないといけない事態ですよね。

また、デメリットや弊害とは違いますが、
フレックスタイム制は従業員の過半数代表者
との労使協定の締結が必要です。

労使協定は法律に則った内容にしなければならず、
また、運用もしかりです。

かなり大変な制度だと思います。

就業規則へ記載しなければならないこともあり、
就業規則の変更も必要になります。

導入の目的から考えましょう!

フレックスタイム制は導入したとしてもうまくいかず
元に戻す会社が本当に多い制度です。

フレックスタイム制を導入したい
と思ったからには目的があるはずです。

その目的が達成できるのであれば
フレックスタイム制でなくてもかまわない
のではないのではないでしょうか?

おそらく、会社が達成したい目的を考えたとき、
真っ先に思い浮かんだのがフレックスタイム制
だけだったということではないでしょうか?

詳しくお話をうかがえば、
フレックスタイム制を採用しなくても
他の制度で会社の目的は達成できることはとても多いです。

フレックスタイム制を導入するにはどうしたら良いか?
という発想ではなく、

自社の働き方に最も合った制度は何か?
という思考が大切です。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
変形労働時間制とは何ですか?~1か月単位と1年単位
定額残業代に対する大きな誤解

労務問題を根っこから解決するメールセミナー

このブログへお越しいただいた方は、何らかの労務問題を解決したいと思って、お越しになったのだと思います。しかし、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、目の前の問題を何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このようなトラブルを複雑化させない(そもそも発生させない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。現在、御社がそのような状態でないしても、この6つを押さえておくことで、将来、問題が起きたときに、深刻化しなくなります。そもそも、労務問題が減るでしょう。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は『務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

メールセミナーの後にはメルマガもお送りします。


メールセミナーを購読する