保険代理店の直接雇用

保険代理店の皆様へ

「委託型募集人を抱える各保険の代理店は、
2015年3月までに、原則として、現在の募集人を直接雇用に
切り替えなければならない」
といった通知を金融庁から受けたようですね。

現在、保険関係の方から
就業規則のご相談をよく受けています。

確かに、保険代理店の方は
今まで全く考えていなかった
問題なども出てきて

専門家に聞いた方が良い問題も多いです。

既にご存知だと思いますが、
正社員にしなければならない
といった内容ではありません。

私は保険代理店の方々と
はお付き合いがあるので

説明資料等をまとめて
マニュアル化してご用意しております。

今、保険代理店がどのような対策をとる必要があるのか
を簡潔にアドバイスできるようにしています。

保険代理店では労働時間に応じた
賃金制度は馴染まないでしょう。

長時間労働をすればするほど
時間外割増賃金が増え賃金が多くなるという
現在の日本の賃金制度は馴染まないと思います。

事業場外のみなし労働時間制だと
労働時間の管理ができません。

(管理をきっちりと行うと、みなし労働時間制は駄目です。)

成果給の導入の検討も
必要になってきますね。
いわゆる歩合です。

歩合給の導入は専門的な知識と経験が必要ですが、
検討することも必要になってくると思います。

他にもフレックスタイム制も
検討する必要があるかもしれません。

いずれにせよ、導入の手続が面倒なものご多く、
あとでトラブルになりそうです。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
歩合給にも割増賃金の支払いが必要ですが、計算方法が違います
完全歩合給って違法ですか?

コメント

コメントは停止中です。