振替休日と代休の違いを端的に言えるでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就業規則を作成していると出てくる振替休日・代休という言葉。

しかし、代休と振替休日の違いを正確にいえるでしょうか?
(以下、休日=法定休日という意味で話をすすめます。)

振替休日と代休では法律上全く異なる扱いになり、
割増賃金の額にもかかわってきます。

振替休日とは、休日に出勤してもらう前に、
代わりに与える休日を特定する場合をいいます。

例えば、「今度の日曜日に出勤してください。

その代わりに、火曜日を休日とします。」といった場合です。

振替休日ということになると、当初の休日(日曜日)は
もともと労働日ということになり、
休日に労働させたことにはなりません。

そのため、日曜日には法定休日としての
割増賃金の支払いが不要になります。

ただし、代わりに休日を与えても、
その週の労働時間が40時間を超えてしまっている場合には
1.25で計算した時間外割増賃金の支払いは必要になります。

これはよくあります。

したがって、休日を振替える場合には同一週の方が良いですね。

代休とは、代わりの休日をあらかじめ特定することなく、
休日(日曜日)に働らいてもらうというものです。

この場合には休日出勤をさせたという事実は残るので、
法定休日の割増賃金(1.35)の支払が必要になります。

ただし、代休を与えた場合には、
その日の賃金の支払いは不要になるために
1(その日の賃金)を差し引くことはできます。

結果として0.35の支払いのみで良くなります。

違いは、あらかじめ、(代わりに与える)休日を
特定するか否かです。

したがって、代休であれば「代休が〇日分たまる」
ということもありますが、
振替休日ではないはずです。

違いをご理解ください。

法律(制度)をきちんと理解することなしに
どう対策をするのかを決めることはできません。

このように、知識があるかないかだけで
残業代の計算が大きき変わってきます。

法律をきちんと知ることがファーストステップです。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

労務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナー

申し訳ございません。現在、募集を停止しております。

このブログへお越しいただいた方は、何らかの労務問題を解決したいと思って、お越しになったのだと思います。しかし、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、目の前の問題を何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このようなトラブルを複雑化させない(そもそも発生させない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。現在、御社がそのような状態でないしても、この6つを押さえておくことで、将来、問題が起きたときに、深刻化しなくなります。そもそも、労務問題が減るでしょう。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は『務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

メールセミナーの後にはメルマガもお送りします。


メールセミナー詳細ページ