皆勤手当の廃止はもったいない

皆勤手当(精勤手当と呼ぶ会社様もあります。)
を廃止する会社が増えているようです。

しかし、皆勤手当は遅刻(無断欠勤)対策としてとても有効です。
廃止してしまうのはもったいないです。

 

 

 

 

 

もし、御社に皆勤手当があり、
それが遅刻対策になっていないのだとすれば、
規定の仕方が良くないのだと思います。

規定の仕方を工夫すれば従業員の遅刻を
減らすことができます。

また、「遅刻や無断欠勤は罰として減給をしたい」
と仰る経営者の方は多いです。

懲戒処分として行うには限界があります。

ご存じのように減給の制裁を加えるには
上限額というのが労働基準法91条で決まっているからです。

「1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、
総額が一賃金支払い期における賃金の総額の10分の1
を超えてはいけない」(労働基準法91条)

そうなっています。

仮に、平均賃金が6000円の従業員の方なら
3000円が限度ということになりますね。

しかも、一賃金支払い期における賃金の総額
の10分の1を超えてはいけません。

それなら、皆勤手当を活用しては
いかがでしょうか?

1万円の皆勤手当を支給することにしていた場合、
1回の無断欠勤で1万円を支給しなくなったとしても
この労働基準法91条違反には該当しません。

皆勤手当とはそのような趣旨で
支給するものですからね。

規定の仕方には工夫が必要ですが、
遅刻に関しても同様です。

私は手当を支給するということは
会社の姿勢を示すのにとても
有効なものだと思っています。

お給料は毎月振り込まれるものです。
給与明細だって毎月見ます。

給与明細は毎月強く意識するのです。

そこに、無遅刻無欠席により支給される
皆勤手当の項目があるということは
会社が無遅刻無欠席の社員を大切にしたい
という意思が示されていると言えます。

もちろん、それを賃金規程等に記載して
制度化する必要があるのは言うまでもありませんが。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
住宅手当の有効活用する規定の仕方 ~手当の廃止はもったいない!
手当の廃止について~手当を有効活用しましょう!

労務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナー

申し訳ございません。現在、募集を停止しております。

このブログへお越しいただいた方は、何らかの労務問題を解決したいと思って、お越しになったのだと思います。しかし、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、目の前の問題を何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このようなトラブルを複雑化させない(そもそも発生させない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。現在、御社がそのような状態でないしても、この6つを押さえておくことで、将来、問題が起きたときに、深刻化しなくなります。そもそも、労務問題が減るでしょう。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は『務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

メールセミナーの後にはメルマガもお送りします。


メールセミナー詳細ページ

コメント

コメントは停止中です。