労務問題の解決を妨げる大きな障害

「労務問題って中々自社では解決できない」
ということでご相談をいただきます。

では、なぜ、解決できないのでしょうか?

法律の知識が足りないからでしょうか?

ノウハウや経験の問題でしょうか?

もちろん、それらは大切です。

法律の知識は問題解決のファーストステップです!

また、ノウハウや経験があれば解決できることも多いです。

しかし、実は、本質的なことはそこではないと思っています。

問題の解決を妨げている最も厄介なもの。

それは、人間の感情です。

腹が立つ!
あいつはむかつく!
社長の言うことは効聞きたくない!

人間にはこのような感情があり

とりわけ、毎日顔を合わせざるを得ない
会社の人間関係にはそのようなことが
生じることがあります。

このように感情が絡み合い
しかも、中々相談する相手もないと
問題が複雑化します。

関係者のお話をうかがえば
問題自体はけっこうシンプル
な場合も多いのですが、

それは、当事者では気づかないこともあり、

そこで、中立な第三者が必要になってくるのでしょう。

これは、ファシリテーターの業務になるのでしょうが、
あくまでも労務問題です。

労働法などの法律もからみますし、
就業規則に記載する必要も出てきますので、

労働法の知識を備えた就業規則の専門家で
あることが前提となります。

就業規則の専門家であると同時に
ファシリテーターとして訓練を
積んできた経験が役に立っているのだと思います。

確かに、2年7ケ月で121日も
ファシリテーションの活動しましたからね。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。