男女雇用機会均等法改正〜間接差別の意味をご存知ですか?

男女雇用機会均等法では間接差別も禁止されていますが、

この度の改正で、全ての労働者の募集、採用、昇進、職種の変更にあたって、
合理的な理由なく、転勤要件を設けることは間接差別に当たることになりましたね。

大昔の就業規則を読むと間接差別の表現があったりします。

ところで、その間接差別とは何でしょう?
間接差別について解説をしたいと思います。

例えば、募集や採用にあたって、労働者の身長、体重又は体力を要件とすることも
間接差別にあたるとされています(合理的な理由があれば話は別です)。

もし、採用で男性女性の限定をつけなくても「体重を〇〇キロ以上」「身長175センチ以上」
とすると多くの女性が排除されてしまいます。

(体重については、空欄にさせていただきました。「私は〇〇キロ以上です」とお叱りを受けると困りますので…。
身長に関しては170センチちょうどの私も応募できなくなってしまいますが…。)

もし、このような要件をかすことを認めれば、
実質的に性別を理由とする差別を行うことが
可能となってしまいます。

このような性別以外の事由を要件とすることで、
実質的に性別を理由とする差別をすること。

これを間接差別といいます。

ただし、合理的な理由があれば別です。

なお、今回のお話は、あくまでもわかりやすく
用語を解説するためのお話ですので、
表現などは正確ではありません。

「合理的な理由」についてももう少し解説をする必要がありますし、
ポジティブアクションの解説もする必要があるでしょう。

しかし、今回は、間接差別というものを解説させていただくために、
正確性よりもわかりやすさを優先させて解説させていただきました。

その点はどうかご理解ください。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

労務問題解決の思考に必要な6つの観点メールセミナー

就業規則の仕事を通じて、会社の労務問題解決について多くの業務を行ってまいりましたが、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、問題をそのときは何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このような労務問題を複雑化させない(そもそも発生すらさせない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしましょう。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

ご受講をお待ちしています!!


メールセミナーを購読する