クリニック、歯科医院等の保健衛生業の就業規則 ~週44時間の特例と残業削減

従業員数が常時10人未満の事業場には就業規則の作成義務はありません。

しかし、10人未満であってもとりわけクリニック、
歯科医院をはじめとした保健衛生業は就業規則を

作成した方が良いと私は常々思っています。

「残業代の支払いが大変だ!」

そう思ってらっしゃるのであればなおさらです。

やっぱり定額残業代の導入?

それを否定するものではありませんが、
1か月単位の変形労働時間制の導入が有効です。

1ヶ月単位の変形労働時間制はクリニック等の
保健衛生業については特に有効なのです。

なぜなら、通常の会社の法定労働時間は
1日8時間、週に40時間とされていますが、

常時10人未満の労働者を使用するクリニック、病院、接骨院
等について週の法定労働時間が週44時間とされているからです。
(保健衛生業だけではありませんが。)

なお、1日は8時間です。

確かに、週の法定労働時間が44時間でも
1日の法定労働時間が8時間だと適切なシフトを組めず
あまり意味ないかもしれません。

➀1日の法定労働時間が8時間では
シフトの1日を9時間とすることはできません。

➁かと言って、週6日勤務のシフトにするには
1日を6時間40分にしないといけません。

➂週5日を8時間、残り1日を4時間というシフト
で週6日の勤務とするのも・・。

そこで、ある制度と組み合わせるのです。

それで、劇的に残業代の問題は解決します。

極めて有効な方法なのですが、
ほとんどの方はご存じありません。

また、ご存じだったとしても、
有効に活用できている方は本当に少数です。

有効に活用されているクリニック等
はコンサルが入っていると私は思います。

 

44時間の特例とある制度の組み合わせについては
メルマガ読者限定記事で書いています。
記事にはパスワードがかかっています。
保健衛生業の就業規則 ~メルマガ読者限定記事

 

ただし、クリニック等の保健衛生業については
法律の特例などの話を抜きにしても
もっと有効なアイデアが多数あります。

残業を減らすアイデアを考えるのは楽しいです!

最後まで、お読みいただきありがとうごございました。

関連記事
絶対に知っておくべき業種別の法律(労働基準法)の特例

就業規則無料コンサルティング実施中です!

残業代、退職時のトラブル等の人事・労務問題を一気に解決
するための就業規則無料コンサルティングを実施中です。

直接お会いしてお話をうかがくからこそ可能な
御社が抱えている課題に対する解決策のご提示まで徹底的に行います!!!


就業規則コンサルティング(無料)を実施中