副業を就業規則で認める問題点~2つの会社で1日10時間労働。割増賃金必要?

意外にご存じない方が多いようですので、
副業(つまり、複数の会社で働く社員)の時間外割増賃金
についてお話をさせていただきます。

A社での1日の所定労働時間が8時間
だったとします。

そして、B社で副業を行い
1日2時間働いたとします。

この方は、1日10時間働いています。

1日の法定労働時間は8時間ですので
法定労働時間を超えています。

この2時間は時間外労働になるのでしょうか?

会社が違うのだから関係ないでしょうか?

この扱いには法律に規定があります。

■労働基準法第38条
労働時間は、事業場を異にする場合においても、
労働時間に関する規定の適用については通算する。

そして「事業場を異にする」については通達があります。

■「事業場を異にする」とは、労働者が1日のうち、
甲事業場で労働した後に乙事業場で労働することをいう。
この場合、同一事業主に属する異なった事業場において労働する場合のみでなく、
事業主を異にする事業場において労働する場合も含まれる
(昭23・5・14 基発第769号)。

つまり、毎日2時間の時間外労働を行わせたことになり
時間外割増賃金を支払う必要があるということです。

しかし、この時間外割増賃金をどちらの会社
が支払うのでしょうか?

どちらが払うのか?についても通達があります。
■法定時間外に使用した事業主は法337条に基づき
割増賃金を支払わないといけない。
(昭23.10.14 基収2117号)

例えば、一日のうち、最初の会社(A社)で6時間働き、
その後、B社(副業先)で3時間働いた場合に、
どちらの会社が支払うことになるのでしょうか?

通達の通りだとB社(副業先)ということになりますね。

では、副業先の会社であるB社で早朝3時間働き、
その後、A社で6時間働いたらどうなるでしょうか?

1日の労働時間が9時間となりますが、
8時間を超えた1時間分はA社で働いたことになり、
時間外割増賃金を支払う義務があるのは
A社ということになりませんか?

「後から契約した会社が支払うべき」
という見解もあります。

しかし、通達をそのまま読むと
そのようにはなっていませんね。

 

 

副業先は違う会社なのですから、
労働時間管理が難しいです。

意図せず時間外労働が発生し、
時間外割増賃金の支払いが必要になる・・

そんな難しい問題が生じないようにするために、
副業禁止規定を設けて就業規則で設けて
副業を禁止している会社が多いというのもあります。

しかし、2016年の現在、時代の流れは副業を
推進する方向にもちろん流れています。

副業を認めるメリットも会社としてある
場合もあるでしょう。

そこで、ここで述べたような事態が生じないように
きちんと制度を整備しておくべきでしょう。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

残業代の問題でお悩みの経営者の方へ。残業代削減コンサルティング(無料)にお申込下さい

当事務所は、残業代削減無料コンサルティングというサービスを行っております。ご相談企業の詳しい事情をうかがい、当事務所が持っている残業代削減の事例や実際に効果のあったノウハウ等を駆使して、残業代を削減する方法をその場でご提案するというものです。ご相談いただいた企業の92.59%で残業代を削減のご提案ができています(2018年12月1日現在のデータです)。

当事務所は、労務問題の専門事務所です。他の社会保険労務士事務所が通常は行っているであろう、社会保険、助成金等の業務は行っていません。しかし、その分、蓄積してきた残業代削減の膨大な他社事例・取り組み事例があります(216事例)。全て私自身が経験してきた机上の空論ではない活きた事例です。様々な残業代を解決した事例があります。それらを使用して、無料で残業代削減コンサルティングを行っています。この無料のサービスは残業代削減方法を教えますので(2014年までは)1時間1万円(税別)の料金をいただいていた内容です。

なぜ、無料で行うのか?等の詳細は、残業代削減ページ(の最後の部分)をお読みください。無料で行う理由にはきちんとご納得いただけると思います。御社がこの無料のサービスをお受けいただ区ことにより、何らリスクを負うことはありません。営業行為や強引なクロージング等を行うことはないからです。当事務所からのお約束等も記載しています。

残業代を削減するご提案自体は、当事務所にとって何等難しいことはありません。

なお、毎月26日を起算日として月3社限定となっています。また、通年では行っておりません。ご興味のある方は、以下をクリックしてください。


残業代(無料)コンサルティングの詳細はこちら