就業規則の作成・見直しの際にはヒアリングが最も重要です!

自社で色々試しても、色々な方に相談しても
今まで解決できなかったというご相談が全体の8割を占めます。

解決の難しい問題には色々なパターンがありますが、

その一つに、就業規則の改定で社内で
意見の対立があるパターンがあります。

これは良くあることですよね。

このような「就業規則という書類の作成」
を超えた社内での調整が必要な業務の場合

確かに、お仕事をお引き受けすると
かなり大変な仕事になります。

しかし、きちんとしたヒアリングができれば
意外と簡単に解決ができたりします。

なぜでしょうか?

それは、一見相いれないと思っていたような
意見の対立も根本的な部分では一致している
ということは良くあることだからです。

具体例でご説明します!

以下の日常会話をまずはお読みください。

Aさん「北海道に旅行に行かない?」
Bさん「この冬の時期に?寒いから嫌だよ。あったかい沖縄にしようよ」
Aさん「沖縄?この間、行ったばかりだよ」

よくある会話ですよね。
これでは、合い容れることはありません。
平行線です。

しかし、以下のような会話をすればどうでしょうか?

Aさん「北海道に旅行に行こうよ」
Bさん「北海道、いいねー、何で北海道なの?」
Aさん「今の時期、○○の景色がとてもきれいなんだよ」
Bさん「へー、確かに、今の時期キレイそうだね。」
Aさん「一度、君に見せたかったんだ」
Bさん「見てみたいね。綺麗な景色って言えば、沖縄の○○をみにいきたいな」

2人とも綺麗な景色を見に行きたい
という点では共通しています。

Bさんは寒いのが嫌なだけです。
綺麗な景色に納得がいけば、
北海道でも良いと言う可能性もあります。

Aさんだって同じです。

AさんはBさんと一緒に綺麗な景色を
一緒に見に行きたいと思っているのですから。

しかし、前者の会話をしている限り、
そこへたどり着くことはありません。

根本的な部分で一致していること。

これを意識して探すことが大切です。

旅行のような話であれば、
それほどこじれることはないでしょうが、
会社の方針を巡ってはもっと複雑なのは確かです。

しかし、利益を出し続けないと
存続できないのが会社です。

共通点を見つけ意見を集約させることも
可能なはずです。

もし、根本的な部分で一致しているのに
それでも意見の集約ができないとするなら、

障害となっているのは『感情』でしょう。

その場合には、確かに、会社内で解決するのは
難しいかもしれませんね。

何かのご参考になれば幸いです。

最後で、お読みいただきありがとうございました。

労務問題解決の思考に必要な6つの観点メールセミナー

就業規則の仕事を通じて、会社の労務問題解決について多くの業務を行ってまいりましたが、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、問題をそのときは何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このような労務問題を複雑化させない(そもそも発生すらさせない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしましょう。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

ご受講をお待ちしています!!


メールセミナーを購読する