就業規則の周知とは ~就業規則をWEBで公開!?

当事務所のホームページには
「会社名+就業規則」で検索されて
お越しになる方がいらっしゃいます。

しかも、かなり多いです。

『〇〇株式会社就業規則』などです。

検索された会社の就業規則をご覧になりたい方が
どのような方かまでは私にはわかりません。

その会社に所属している社員の方かもしれません。

会社を辞められた方かもしれません。

入社を希望しているしたい方かもしれません。

しかし、いずれにせよ、会社の就業規則 は
インターネット
公開するものではありません。

WEB上で公開してはいけない
というわけではありませんが、

インターネット上での公開は
法律上求められてはいませんし、
また、そういう性質のものでもないのです。

そもそも、就業規則とは何か?

冒頭で就業規則はインターネット上で公開するものではなく
また、そのような性質のものではないと書きました。

それは、就業規則とは何か?に関係します。

御社の就業規則の第1条辺りに就業規則
の目的という条文があると思います。

例えば、当社労士事務所が作成する条文には次のような1文を入れます。

第1条(目的)
この規則は、〇〇株式会社(以下「会社」という。)の労働条件を明らかにすること及び職場秩序の維持を目的として、従業員の就業に関する基本的事項を定めるものである。

つまり、労働条件・就業に関する基本的事項を定めるのもです。

そして、それは会社と従業員全体との契約書となります。

つまり、社員と会社の関係を規定するものです。

ですから、その契約内容、会社で働くルールを従業員の方が
きちんと認識でるようにしておくことが大切であって
また、それで足りるのです。

全く関係のない第三者に公開する性質ものではないのです。

社員の労働条件や社員の就業に関する基本的事項を
検索すると出てくる状態に置く性質のものではないのです。

就業規則の周知義務

ただし、就業規則は労働基準法106条で
労働者に周知しないといけないことなっています。

就業規則とは何かを考えれば当然ですよね。

労働条件や働くうえでの基本的事項を社員が知らない・・

それはありえません。

そして、その周知方法は労働基準106条で具体的に定められています。

就業規則の周知方法

労働基準法106条は以下の通りとなっています。

(労働基準法第106条)法令等の周知義務
使用者は、この法律及びこれに基づく命令の要旨、就業規則、第十八条第二項、第二十四条第一項ただし書、第三十二条の二第一項、第三十二条の三、第三十二条の四第一項、第三十二条の五第一項、第三十四条第二項ただし書、第三十六条第一項、第三十七条第三項、第三十八条の二第二項、第三十八条の三第一項並びに第三十九条第四項、第六項及び第七項ただし書に規定する協定並びに第三十八条の四第一項及び第五項に規定する決議を、常時各作業場の見やすい場所へ掲示し、又は備え付けること、書面を交付することその他の厚生労働省令で定める方法によつて、労働者に周知させなければならない。

条文がながいですが、整理すると以下の通りとなります。

常時各作業場の見やすい場所へ掲示
常時各作業場の見やすい場所へ備え付けること
書面を交付
その他の厚生労働省令で定める方法

その他の厚生労働省令で定める方法とは、
磁気テープ、磁気ディスクその他これらに準ずる物に記録し、
かつ、各作業場に労働者が当該記録の内容を常時確認できる機器を設置する」
ことです(労働基準法施行規則52条)

ポイントは、上記のいずれかで良いのです。

会社に備え付けられていれば
それで周知しているといえます

従業員の皆様に1部づつお渡しする
のが1番だと思いますが、

法律上はそこまでも求められておりません。

従業員の方々が閲覧できる
ようにしておくことが必要なのであって、
また、それで足ります。

今回のお話は当たり前のお話だったかもしれませんが、
誤解していらっしゃる方が多いようですので
詳しく解説させて頂きました。

就業規則とは何かから抑えておいていただければと思います。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
就業規則の従業員説明会とは何ですか?
従業員に就業規則の見直しをうまく説明できません