最も高い就業規則とは? ~数百万円の就業規則になることも!

御社にとって最も高額な就業規則とは
どのような就業規則でしょうか?

当事務所にお越しになる相談社の方は
意識することなくそのような就業規則を
作成してしまっています。

では、どのような就業規則でしょうか?

少しお考えください。

有名な専門家に依頼した就業規則でしょうか?

いや、もっと高いものがあります。

それは、社長が悩みぬいてお一人で作成する就業規則です。

なぜなら、社長の時給単価は非常に高いからです。

費やす時間を金銭で評価すると膨大な金額になるはずです。

その金額を換算すると数百万円になることもあり得ます。

これは、つまり就業規則の作成料金が数百万円
ということになりませんか?

この金額だと、どんな高額な事務所に依頼するよりも
もっと高くなる就業規則です。

当事務所には、お問合せをいただいた段階で、
代表取締役の方が誰にもご相談せず

1年(少なくても数か月)近く悩みぬいて
インターネットや本を調べて勉強したうえで
いらっしゃること方も多いです。

解決策をお持ちになっていらっしゃる方もいます。

そして、お持ちになった解決策を
「法的な観点から問題がないかチェックをしてほしい」
というご相談もかなりあります。

凄い勉強されたのですから、
とても素晴らしいものになっています。

しかし、1、2箇所誤解なさっている点があります。

そうなると、1年間悩んで勉強もして
出した結論にもかかわらず

もう1度、1から対策を考え直さないと
いけなくなります。

その費やした苦労と言いますか、
時間が水の泡になってしまいます。

確かに、残業代、賃金、退職金などの人件費
の絡む問題は社長(少なくても取締役)の方
自らが考えないといけない問題です。

就業規則を変更するとそのような問題
も多くからみます。

したがって、外部の専門家に任せきり
にしてはいけません。

しかし、数か月も1年も悩んで
自分でお調べになるのであれば、

もっと早くに外部の専門家に
ご相談いただきたいと思います。

1発で解決のことも多いです。

専門家とのうまいお付き合いの仕方を模索
していただけたらと思います。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
就業規則作成の料金相場
就業規則の報酬の相場っていくらですか? ~現在、料金を見直しています