就業規則の報酬の相場っていくらですか? ~現在、料金を見直しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

料金についても見直すことになりました。
大幅に値上げです。

今回は、料金の大幅な値上げになりますので、
その理由を書かせていただきます。

また、就業規則の料金が気になる方の
ご参考になるかと思います。

料金を値上げすることを決断した大きな理由は
一言で言うと、金額に見合ったサービスを
ご提供する自信があるからです。

就業規則の費用は3万円代からあるようで、
事務所によってだいぶ差がありますね。

そもそも、就業規則費用の相場が気になる方は、
単に、いくらという金額が知りたいのではなくて、
「なぜ、これほどの料金に違いがあるのか?」
ということを知りたいのだと思います。

料金にあまりに開きがあるので
不思議だと思われるのだと思います。

就業規則の料金が事務所ごとに違う理由

しかし、料金に違いがあるのは
それほど不思議なことではない
のではないでしょうか?

他のサービスでお考えいただければ
わかりやすいと思います。

例えば、ホームページを作成する際に、
3万円と60万円の業者さんがいても
それほどの不思議はないと思います。

それは、料金に違いがあれば
サービスそのものが違うと
誰でもが知っているからです。

SEO対策をはじめ集客の支援まで
行ってくれる業者さん。

ホームページの「作成」だけを
行っている業者さん。

両者では同じくホームページの制作
を行っていても

提供しているサービス
そのものが全く違います。

ホームページで集客を
行いたいのであれば、

「激安 ホームページ制作」
と謡っている3万円の業者さん
には依頼しないでしょう。

まさか、3万円のホームページで集客を行える
とお考えの経営者はいらっしゃらないからです。

就業規則に関しても全く同じとお考えください。

当事務所の就業規則の報酬が相場より少し高い理由

 

 

 

 

 

低価格帯でご提供している事務所と当事務所では
提供しているサービスそのものが違います。

低価格帯の事務所は、就業規則の作成を目的
としたサービスといって良いでしょう。

しかし、当社会保険労務士事務所のサービスは
就業規則の作成を目的としたものではありません。

お客様の就業規則を作成する目的をうかがい、
その会社が抱える人事労務の課題を就業規則
という手段を使って一気に解決するサービスです。

残業代の問題、休日、年次有給休暇、
中途採用者の賃金、成果主義的賃金の導入等

様々な人事・労務の課題を抱えていて、
それを解決したい会社様が対象です。

このような労務問題解決
コンサルティングなのです。

その会社が抱えた課題を就業規則を使って
解決しているのです。

しかし、この人事・労務問題解決
のコンサルティングについては、
コンサルタントの能力や仕事に対する
取り組み姿勢によって結果は違ってきます。

どの分野でも仕事でも同じだと思いますが、
中々馴染みのない分野なので
それが伝わらないのだと思います。

当事務所は、開業以来一貫して
人事労務の課題の解決に90%以上の時間
を費やし続けてきた専門事務所です。

(多い年は年間2500時間もの時間を費やしてきました。
業務に費やした時間のみをカウントしてこの時間数です。)

料金に見合ったサービスをご提供する自信がありますので
値段を上げさせていただくことにいたしました。

このコンサルティングの能力や取り組み姿勢は
(お客様の声などは参考になりますが、)
実際に会って力量を試していただくほかありません。

そこで、当事務所では就業規則の人事・労務問題解決
のための就業規則無料コンサルティングを実施しています。

お相談者企業にある就業規則や
雇用契約書等を拝見し解決策まで示しますので、

契約してみたけど期待外れだった
ということもなくなります。

ホームページなどでは良いように見えても
実際に依頼してみたら・・

よくあることですよね。

そういうことはなくなります。

また、就業規則コンサルティング
(無料)を受けていただければ、

その後、自社で問題を解決できるようになります。

その点で、聞かれたことにだけ答える無料相談会
や体験セッションのようなお試しのもの
とは意識して全く違うものにしております。

就業規則という書類が欲しい方に関しては
あまりお役に立てないかと思いますが、

賃金、残業問題等の課題を抱えていて
解決したい企業であればお役に立てると思います。

就業規則コンサルティング(無料)ページ
を詳しくはご覧ください。

長文を最後までお読みいただき
本当にありがとうございました。

追記
2015年6月、事務所の料金の考え方について
ホームページにアップさせていただきました。
なぜ、就業規則の料金にこれほど違いがあるのか?

関連記事(今回の記事と同じコンセプトで過去にも記事を書いております。)
就業規則作成の料金相場
就業規則作成の料金は無料です

最も高い就業規則とは? ~数百万円の就業規則になることも!

労務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナー

申し訳ございません。現在、募集を停止しております。

このブログへお越しいただいた方は、何らかの労務問題を解決したいと思って、お越しになったのだと思います。しかし、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、目の前の問題を何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このようなトラブルを複雑化させない(そもそも発生させない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。現在、御社がそのような状態でないしても、この6つを押さえておくことで、将来、問題が起きたときに、深刻化しなくなります。そもそも、労務問題が減るでしょう。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は『務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

メールセミナーの後にはメルマガもお送りします。


メールセミナー詳細ページ

コメント

コメントは停止中です。