新入社員への就業規則の説明会について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう春になりましたね。

この時期は新入社員の入社の時季ですね。

それで就業規則の説明をする必要があるので
どのように説明をしたら良いですか?

そのようなご質問を受けます。

もちろん、業務としてご依頼いただければ、
当事務所も従業員の方への説明会を
行わせていただきます。

就業規則を使った新入社員研修に近いものになりますね。

外部の人間がお話をした方が良いことって
ありますからね。

ただ、就業規則を改定した際の就業規則の説明については
社内の方がご説明した方が良い結果につながっています。

就業規則を改定する場合には、
改定の理由・思いというのがありますよね。

その思いは外部の人間が説明するよりも
会社の方がご説明した方が伝わるからです。

やはり、経営者がご説明するのが1番です。

ただ、うまく説明できないことがあるでしょう。
言葉にならないこともあるかと思います。
誤解して伝わってしまっては逆効果です。

そこで、経営者の方と一緒に考えて
フォローさせていただくという形にしています。

やはり、良い説明の仕方と良くない
説明の仕方というのはありますからね。

話がそれてしまいました。

既にある就業規則を従業員(新入社員)
に説明する際のポイントについてお話をします。

会社の就業規則は会社が定めたルールであって
従業員はそれに従う義務があることを
伝えしてください。

そして、そもそもルールはなぜ必要か
というところからお話をしていくことが
必要だと思います。

説得力が違ってきます。

・就業規則は会社のルールであって、

・そのルールを破るとどうなるのか?

・困るのは誰なのか?

・結局、困るのは真面目に働いている従業員であって、
決して、会社側の都合のためにある
ルールではないこと

・真面目に働いている従業員を守るためにも
厳しめのルールは必要であること

・そして、ルールを破ると処罰の対象になること

当然、就業規則の条文の全てについて
それを行えることが必要です。

なぜ、規則(ルール)があるのか
会社が説明できないルールなど
誰が守ろうとするでしょうか?

そして、それらを雇用契約とは何か
という点とからめてご説明することが大切です。

つまり、従業員は労働力を提供すれば、
それで良いというものではないということを
お伝えする必要があります。

この辺りにご説明が社内の方では説得力を欠く
からか外部の専門家にご相談をするメリット
があるのでしょうね。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

就業規則の従業員説明会については
以下のページにまとめてあります。
就業規則の従業員説明会まとめ

関連記事
人手不足時代の問題社員対応と就業規則
新入社員への就業規則の説明会について
就業規則の従業員説明会とは何ですか?
新入社員へ就業規則を説明する際に最も大切なこと

労務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナー

申し訳ございません。現在、募集を停止しております。

このブログへお越しいただいた方は、何らかの労務問題を解決したいと思って、お越しになったのだと思います。しかし、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、目の前の問題を何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このようなトラブルを複雑化させない(そもそも発生させない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。現在、御社がそのような状態でないしても、この6つを押さえておくことで、将来、問題が起きたときに、深刻化しなくなります。そもそも、労務問題が減るでしょう。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は『務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

メールセミナーの後にはメルマガもお送りします。


メールセミナー詳細ページ

コメント

コメントは停止中です。