新入社員へ就業規則を説明する際に最も大切なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

就業規則の従業員説明会とは何か?については以下の記事をお読みください。
就業規則の従業員説明会とは何ですか?

この時期(春)は新入社員への就業規則説明会
のご相談が多い時期でした。

新入社員に対して行われる就業規則説明会は、
就業規則を使った研修に近いもの
になりますね!!

さて、就業規則の説明をする際に
1番大切なのは何でしょうか?

会社のルールがどうなっているかを
説明することでしょうか?

もちろん、それは大切です。

言うまでもないことだと思います。

しかし、もっと大切なのは
「なぜ、そのルールがあるのか?」
についてのご説明です。

「なぜ、そうしないといけないんですか?」
と聞かれた場合に、

「そういう決まりだから」
と言っていないでしょうか?

お金がかかるわけでもありません。

「なぜ、そのルールが必要なのか?」
について丁寧にご説明するように
してください。

そもそも、規則(ルール)があるのには
理由があるはずです。

それをご説明することで、どこか『他人事』
あったルールが自分事に変わります。

本当に大切なことです。

理由をきちんと説明するというのは
従業員の皆様との関係だけではありません。
全てに共通する最も大切な事です。

研究結果が出ているようです。
説明がどれだけ重要かについては以下の記事もお読みください。
従業員の反発を受けず就業規則の変更の説明するには?

しかし、「なぜ、この規則が必要なのか?」について
きちんととご説明するのは中々困難なようです。

また、「規則がなぜ必要なのか?」についての説明
に苦慮しているという方は以下の記事をお読みください。
ポイントについて書いておりますので
ヒントになると思っております。

新入社員への就業規則の説明会について

就業規則の従業員説明会については
以下のページにまとめてありますので
ご覧ください。↓↓↓↓
就業規則の従業員説明会まとめ

その他の関連記事
従業員に就業規則の見直しをうまく説明できません
就業規則の変更で社員の方が反発するのは3パターンです
就業規則の従業員説明会とは何ですか?

この記事及びリンクは社員の方に説明をするのに苦慮している1人でも多くの経営者・実務担当者の方にお読みいただきたいです。ぜひ、「いいね」をお願いします。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

労務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナー

このブログへお越しいただいた方は、何らかの労務問題を解決したいと思って、お越しになったのだと思います。しかし、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、目の前の問題を何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このようなトラブルを複雑化させない(そもそも発生させない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。現在、御社がそのような状態でないしても、この6つを押さえておくことで、将来、問題が起きたときに、深刻化しなくなります。そもそも、労務問題が減るでしょう。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は『務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

メールセミナーの後にはメルマガもお送りします。


メールセミナー詳細ページ

コメント

コメントは停止中です。