就業規則は運用が大切です

私のブログをお読みいただいてくださってる方は
就業規則が会社をトラブルから守る数少ない武器の一つ
だということはご理解いただいていることと思います。

では、自社で就業規則を作成しよう!

そう決意した場合。

自社で作成する場合、どこかの雛形を
多少変えて使用することが多いと思います。

このこと自体には問題はありません。

しかし、覚えておいて欲しいことがあります。

当たり前の話ですが、
就業規則には1条1条に意味があります。

その意味をご理解していない場合。

せっかく頑張って作った就業規則の効果も
半減してしまいます。

たとえば、以下の規定例に挙げて説明します。

第○条「 会社の従業員以外の者を会社に入れて
会議室を使用する場合には2週間前までに
会社に申請して許可をえなければならない」

仮に、御社の就業規則にこんな規定があったとします。

この規定が意味することは?

何のための規定なのか?

これをご理解していない場合。

せっかく存在しているこの規定の意味が
なくなってしまいます。

実は、この規定はユニオン(合同労組)対策の規定です。

なぜ、この規定がユニオン対策になるかは省略しますが、
せっかく御社の就業規則にある規定も、
その使い方を知らないと意味がありません。

せっかく存在している規定(武器)の意味が
なくなってしまいます。

「 全ての規定 」の「 全ての語句 」
には意味があります。

逆に言うと、そのような就業規則を
作成する必要があります。

自社で作成する場合には、
1条1条にまでこだわって
意味・目的・効果を理解した上で
作成してください。

そして、それに従ってきちんと運用(使用)する
ことがとっても大切です。

しかし、条文の意味・目的を理解していなければ、
運用することもできません。

なお、先ほどの規定例は正確に書くと
だいぶ違う規定になります。

理由があってわざと、
規定をぼやかしてあります。

最後までお読みいただきありがとうございました。