就業規則を整備すべき時期

ご存知のように就業規則は従
業員が(常時)10人になったら
作成しないといけないことになっています。

今回はそのことをとりあえずおいておくとして、
就業規則その他の会社規程には
整備すべ時期というのがあると思います。

おそらく就業規則を整備したいと仰るときに
「10万円から30万円が高い」
「2ヶ月かかるなんて長すぎる」
と感じるのであれば、

まだ就業規則を本当の意味で必要としていない
のではないかと思います。

また、就業規則の作成を
専門家にまかせっきりにするおつもりであれば、
真に必要としていないのではないかと思います。

繰り返しブログでも書いている通り、
従業員を一人でも雇うのであれば
就業規則を整備していただきたいと思います。

そもそも就業規則は従業員全体との契約書ですし、
会社のルールだからです。

ルールのない会社はないでしょうし、
そのルールを契約にしておく必要がある
と思います。

従業員との契約の内容は
詳細にしておいた方が良いでしょう。

何かの時に備えるという意味もあります。

経営者の思いも就業規則作成には入ってきます。

だから、従業員が1人でもいれば作成した方が良いです。

しかし、

「1週間で就業規則を作成したい」
「安ければ安いほど良い」
「料金は支払うからあとは勝手に作成しておいて」

そのようにお考えであれば、

まだ就業規則を本当の意味で必要としていない
のではないかと思います。

会社を発展させていく段階で
必ず就業規則が必要だと感じる
段階がくると思っています。

労使トラブルも発生してくるでしょう。

その際には、値段や期間はあまり気にならない
のではなかいかと思います。

じっくり取り組もう
とお考えになると思います。

「社外の人間にまかせっきりなんてありえない」
と思うでしょう。

本当に必要だと感じたときに
作成するのが1番良いものができます。

いったん作成した就業規則を
変更する際には様々な問題が生じます。

軽い気持ちで作成すると
あとが大変です。

私は大変なことになった会社様を
たくさん見てまいりました。

そのことだけは覚えておいてください。

際までお読みいただきありがとうございました。