就業規則の作成は自社で作成したという会社様へ

今回、ホームページを改定するにあたり
当事務所の就業規則の特徴的な点は何かを考えました。

ただ、ホームページにあれもこれも書くと
ごちゃごちゃしてわかりずらくなるので
ブログに書かせていただきます。

就業規則の業務を社会保険労務士にご依頼する場合の基準としても
お役に立つと思います。

就業規則は自社で作成したいという会社様はとても多いです。

ただ、自社で作成したがために実態に合わない内容となってしまったり、

深い意味のない1行を設けてしまったために
後々大きな問題となってしまったりすることはあります。

深刻な状態になって当事務所にお越しになる会社様も少なくありません。

ですので、自社で作成したいという会社様も
1度は当事務所で一緒に作成していただければと思います。

当事務所で一度作成していただければ、その後の変更は自社でできるようになります。

理由は、当事務所で一度就業規則の作成・見直し(変更)を行えば、
作業の過程で、「なぜこの条文はこういう表現になっているのか?」
「何がポイントなのか?」といったことの解説する中で
「労務問題解決の思考」を身につけていただけるからです。

その結果、自社で対策を講じることが可能になるのです。

もちろん、口頭での説明だけではなく
就業規則に解説書(コメント)をつけさせていただきます。

一般的には、解説と言うと判例や通達ばかりです。

もちろん、それも重要です。

たった一つの通達で会社の制度が大きく変わるということもあるからです。

しかし、解説をつけても通達や判例といった調べればわかること
だけでは意味がないと思います。

本当に必要なのは「なぜ、この1文が就業規則にあるのか?」
「その条文のポイントは何か?」だと思います。

これらを学ぶことで経営者・人事労務担当者が自信をもってご説明出来たり、
何か質問をされたり問題が起こっても自信をもって対応できるようになるのです。

それで初めて、安心と自信が得られます。

また、当事務所では体系を重視します。

場当たり的に条文を追加していくことにより
後々矛盾点が生じてしまうことは良くありますが、

当事務所で一緒に作成していただければ、
そのようなことはなくなりますので、
自社で見直しをすることが容易になるのです。

就業規則の体系図を作成して欲しいというご依頼
をよくいただきますが、

就業規則には目次をつけますのでご安心ください。

ただ、自社でどうしても作成したいという方は
7つのポイントを押さえてください。以下の記事で書いています。
就業規則の作り方のポイント ~ここだけは抑えておきたい7カ所

その7カ所をメールセミナーでまとめた6つの観点で作成してみてください。
労務問題解決の施行を手に入れるために必要な6つの観点
労務問題をこじらせない6つの鍵を手に入れる就業規則メールセミナー

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
就業規則の体系については以下の記事を合わせてお読みください。
就業規則の体系図 ~就業規則に矛盾が生じて困っています!
就業規則を運用するためには解説書は必要です!

労務問題解決の思考に必要な6つの観点メールセミナー

就業規則の仕事を通じて、会社の労務問題解決について多くの業務を行ってまいりましたが、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、問題をそのときは何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このような労務問題を複雑化させない(そもそも発生すらさせない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

ご受講をお待ちしています!!


メールセミナーを購読する

コメント

コメントは停止中です。