就業規則のホームページを更新しました。~就業規則は1行が大切です

今までも就業規則の1行がとても大切です
とお伝えしてきました。

就業規則会社と従業員全体との
は契約書なのだから当然です。

多くの会社は何気なく設けた1行によって
あとあと大変な事態になっています。

そのことをお伝えするためにセミナー講師も
引き受けさせていただいてまいりました。

ただ、1行にこだわるというのは中々大変です。

就業規則専門でやっていないと難しいと思います。

もし私も年金業務や算定、給与計算などの業務を行いつつ
就業規則という業務を行っていたら
難しかったと思います。

なお、今回改定したトップページには載せませんでしたが、
当事務所の特徴は、一度私と一緒に就業規則を作れば、
あとは自社で変更などもできるようになるということです。

また、仮に当事務所が作成した就業規則
に記載がない問題が発生したとしても、

自社で対策を講じることができるようになり
規定も変更できるようになります。

理由は、当事務所で一度就業規則の作成・見直し(変更)を行えば、
作業の過程で、「なぜこの条文はこういう表現になっているのか?」
「何がポイントなのか?」といったことの解説する中で
「労務問題解決の思考」を身につけていただけるからです。
その結果、自社で対策を講じることが可能になるのです。

その証拠に 、就業規則を作成していく中で、
「このような問題が生じたときに対応できる規定はできないか?」
「○○のケースにも対応できるように規定を設けてもらえないか?」
というご要望がお客様の方から次々と湧きあがってきます。

それは、就業規則を作成していく中で、
労務問題についての意識が高まってきている証拠だと思います。

もちろん、全て規定を盛り込ませていただきますが、
労務問題解決の思考が身についている以上、
新たな問題が生じても自社で対応が可能になりますし、
従業員の方にも自信をもって説明出来たり、
何か質問をされたり問題が起こっても、
自信をもって対応できるようになります。

その結果、安心と自信が得られます。

もちろん、専門家と顧問契約を結び
何か困ったことが起きれば質問する
というのでもかまわないと思います。

当事務所でも労務顧問契約を行っています。

就業規則をご依頼する際の社会保険労務士の
選び方のご参考になればと思い、

当事務所の方針をお話させていただきました。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
就業規則を運用するためには解説書は必要です!