退職時に競業避止義務の誓約書を取れないのはいわば当たり前です!

今日は、誓約書についてです。

労働者が退職するときに誓約書を
取ることってありますよね。

たとえば、競業避止義務の誓約書

退職後、3ヶ月はライバル会社に就職してはいけない
というような内容の誓約書です。

会社の機密事項や企画を扱う立場にいた人間が
ライバルの会社に就職。

働いていた労働者がやっていた仕事
によっては会社としては致命的な打撃を
会社は受けかねません。

そんなことになっては困りますよね。

そこで、「3ヶ月間は競合会社に就職してはいけない」
というような誓約書を取ることがあります。

御社にも既に就業規則に規定してあると思います。

そもそも、この誓約書に法的拘束力がある
かどうかは別として

誓約書をとりたいというのは
会社としては自然なことだと思います。

しかし、「退職する際に競業避止義務の誓約書に
サインしてくれない労働者がいます。
どうしたらいいですか?」
と相談されることがあります。

これもまた自然なことです。

今まで働いてきた仕事とは全く違う仕事に就くより
今まで働いてきたキャリアを生かして
仕事をしたいというのは当然です。

競業避止義務のような誓約書に
なんかサインしたくない!
という労働者の気持ちもわかります。

このような問題は起きてから考えるから
難しいのであって事前に準備しておけば、
誓約書にサインしてもらうことは
実はとても簡単です。

全く従業員の方の反発を招くことなくです。

そもそも納得してサインをしてもらわないと
意味も半減しますしね。

競業避止義務の誓約書だけではなく
守秘義務の誓約書等でも同じような問題は生じます。

私が経営者団体で行ったセミナーでお話をしたときには
「凄い勉強になった」と好評でした。

労働時準法をはじめとした法律とはあまり関係ないですが、
とても大切なこと知恵だと思います。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

フェスティナレンテ社会保険労務士事務所HP~この1文が会社を救い、この1文が潰す。

労務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナー

申し訳ございません。現在、募集を停止しております。

このブログへお越しいただいた方は、何らかの労務問題を解決したいと思って、お越しになったのだと思います。しかし、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、目の前の問題を何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このようなトラブルを複雑化させない(そもそも発生させない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。現在、御社がそのような状態でないしても、この6つを押さえておくことで、将来、問題が起きたときに、深刻化しなくなります。そもそも、労務問題が減るでしょう。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は『務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

メールセミナーの後にはメルマガもお送りします。


メールセミナー詳細ページ

コメント

コメントは停止中です。