就業規則は労働者を保護するために作成するものではありません

就業規則は労働者を保護するために
作成するものではありません。

では、なぜ、就業規則(会社規程)
は労働者を守るものという誤解が
生じてしまうのでしょうか?

それは、労働基準法89条で
「従業員が10人以上になったら
就業規則を作成しなければいけない」
と義務になっているからでしょう。

労働基準法は労働者を守る
ためのものです。

これは疑いがない事実です。

そのような立法趣旨の法律です。

労働者を保護する目的で作成された法律に
就業規則の作成は義務として記載されていれば、

確かに、就業規則は労働者を保護するもの
という誤解を生みますよね。

しかし、就業規則は労働者を守るためのもの
というのは違います。

10人以上になると
労使のトラブルが生じ始めます。

しかし、就業規則という会社の決まり事があれば
労使の争いの多くは防げます。

そこで、労働基準法では
就業規則を作成しなければならない
と定められているのです。

労使間でトラブルになって困るのは
従業員だけではなく経営者も同じです。

つまり、『会社全体』のことを思ってのことなのです。
私はそう思っております。

決して従業員を守るためだけに
設けられた法律の条文ではありません。

したがって、就業規則も労働者を
守るために作成するわけでもありません。

それは、就業規則は会社が作成できる
ことになっていることからもわかる
と思います。

就業規則の作成権者は会社なのです。

もし従業員のために作成するものであれば、
従業員の代表者の意見を聞けば足りる
となっているはずはありません。

就業規則の作成について
従業員の同意が求められるはずです。

違うでしょうか?

最後まで、お読みいただきありがとうございました。