社用車を従業員がプライベートで使用して事故 どうなる?

社用車(会社所有の車)を使用中の事故は起こりえますが、

会社としてはどのような対策を
講じておく必要があるでしょうか?

社用車の事故で考えられるケース

考えられるケースを挙げてみます!

1.社用車を盗難され、事故を起こされる。
2.社用車を従業員が無断使用して事故を起こす。
3.社用車で通勤中に従業員が事故を起こす。
4.社用車を業務に使用し事故を起こす。

1.は従業員が起こした事故ではありませんが、
ざっと挙げただけでも上記のパターンが考えられます。

社用車の事故で会社が問われる責任

結論から言うと、社有車での事故については、
会社が責任を問われると思っておいてください

1.の盗難されたケースですら会社が責任を問われます!!

少しビックリではないですか?

したがって、2.以下は会社の責任はより
広く認められることは当然とも言えます!!!

従業員が社用車を無断で使用にした場合の事故
についてまで責任を問われるのは厳しいです。

日頃の運行状況・管理状況により異りますが、
会社の責任が肯定されるケースが多く、
否定されたケースは本当に限定的です。

否定されたケースはとんでもない
事案だと思ってください。

会社として取るべき対策

したがって、従業員による社用車の無断使用
が生じないようにする工夫が必要です。

社用車の使用については就業規則で
許可制とするのは当然です。

鍵の一括管理も必要でしょう。

鍵をきちんと一括管理しておけば
プライベートでの使用も難しいですし、
鍵のかけ忘れによる盗難も減ります。

違反者には懲戒処分をかすことができるように
就業規則を整備してください。

また、会社が責任を問われることを考えると
従業員が社用車で事故を起こした際のことも
想定しておかなければなりません。

事故時の対応も従業員に徹底しておく
必要があります。

事故時の対応として重要なポイントの一つは、
従業員が独断で事故の対処をしないように、
直ちに「会社への報告」させることです。

社員の方が会社に無断で(つまり、勝手に)
示談をされたりしたら困ります・・。

会社が責任を問われるのですから、
普段からの社員教育もとても重要です。

就業規則に社用車の取扱いや
注意事項を記載しても良いですが、

社用車の規定を別規程(車両管理規程)として、

それを使って社員教育を行う
ようにするのが効果的です。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
マイカー通勤中の事故で会社が責任を問われないために

労務問題解決の思考に必要な6つの観点メールセミナー

就業規則の仕事を通じて、会社の労務問題解決について多くの業務を行ってまいりましたが、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、問題をそのときは何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このような労務問題を複雑化させない(そもそも発生すらさせない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

ご受講をお待ちしています!!


メールセミナーを購読する

コメント

コメントは停止中です。