フレックスタイム制

労使協定とは何か~就業規則との違いをご説明できますか?

労使協定とは何かご存じでしょうか?

就業規則を作成する際によく出てくる言葉ですよね。

就業規則との違いも含めてご説明いたします。
労働基準法で様々な規制を設けていますが、

「従業員が良いというならば、
例外を設けても良いのではないか?」

そういうものってありそうではないですか?

そもそも、労働基準法は労働者を
保護するためのものですから、

労働者が良いと言っているのにもかかわらず、
規制を加えたら却って労働者に不利益
になってしまう場面も想定されます。

そこで、従業員が良いというのであれば
『労働基準法の原則に対する例外』
というものを法律自体が認めています。

就業規則は法律の範囲内で
会社が定めるルールなのに対して、

労使協定は労働基準法の原則
に対する例外を認めてもらう
ための書類なのです。

しかし、「従業員が良いというなら何でも良い」
というわけではありません。

労働基準法では十数個に限った例外です。

その十数個は労働基準法に
手続等も詳細に決められています。

しかし、従業員全員の同意は必要ではなく、
「全従業員の過半数を代表する者」
との協定があれば良いことになっています。

(なお、労働組合の話は除きます。)

そして、口頭ではだめで
書面による協定が必要です。

それを労使協定と言います。

言葉は正確性に欠けていますが、
わかりやすくするために
あえてくだけた説明しています。

イメージとしてとらえてください。

なお、労使協定の中には労働基準監督署に提出する必要のある書類
とその必要のない書類があります。

労働基準法で定める十数個の労使協定の一覧が以下です。

労使協定一覧

・任意貯金 (労働基準法18条2項)
・賃金の一部控除 (労働基準法24条1項)
・1か月単位の変形労働時間制 (労働基準法 32条の2)
・フレックスタイム制 (労働基準法32条の3)
・1年単位の変形労働時間制 (労働基準法32条の4)
・1週間単位の非定型的変形労働時間制 (労働基準法32条の5)
・一斉休憩の適用除外 (労働基準法34条2項)
・時間外・休日労働協定(36協定) (労働基準法36条)
・割増賃金の代替休暇 (労働基準法37条3項)
・事業場外労働によるみなし労働時間制 (労働基準法38条の2第2項)
・専門業務型裁量労働制 (労働基準法38条の3)
・時間単位年次有給休暇 (労働基準法39条4項)
・年次有給休暇の計画的付与 (労働基準法39条6項)
・年次有給休暇中の賃金 (労働基準法39条7項)

これしかありません。
あっ、そうそう育児介護休業法など
他の法律で定められている
労使協定もあります。

そして、あえて色分けをしてみました。

お気づきでしょうか?

賃金労働時間(年次有給)休暇・休業に関するものが
ほとんどですね。

なぜでしょうか?

その理由については考えてみて下さい。

きっと色々なことがわかってくると思います。

労使協定は、従業員の代表者と書面で協定をすれば、
労働基準法の原則に対する例外を認める
というものですから、

全ての労使協定がどのようなものであり、
どのようなときに結ぶ必要があるのかは
おさえておきましょう。

1個1個の労使協定については、
このブログの記事をお読みいただければ
概要はご理解いただけると思います。

ここで、大切なのは「労使協定とはどういうものか」
という理解です。

これを押さえていないことには
いくら知識を詰め込んでも意味がありません。

今回は、わかりやすく説明したために
表現としては正確ではない箇所があります。
その点は、どうか、ご了承ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事(上記労使協定について詳しく解説しています)
労使協定は事業場単位で作成し提出します! ~会社単位ではありません!
年次有給休暇の計画的付与をご存知ですか?
裁量労働制とは何ですか?
1年単位の変形労働時間制と就業規則 ~休日数を最も少なくすることができる制度
36協定〜時間外・休日労働協定

フレックスタイム制の弊害と対策について

フレックスタイム制は「導入したい」
というご相談をよく受けますが、
少し待っていただきたい制度です。

このフレックスタイム制は運用が面倒なうえ
会社としても弊害が多いです。

メリットとデメリットを挙げていきます。

フレックスタイム制のメリット

確かに、フレックスタイム制は、
精算期間(多くの会社では1か月になるでしょう。)
で時間外労働を考えていきますので、

1日、1週間の時間外労働という問題
は生じません。

確かに、これは、場合によっては
残業削減という効果も期待できます。

4h 8h 10h 6h 8h

仮に、このような形で働いた場合、
普通は、8時間を超えた日(水曜日)には
割増賃金の支払いが必要になります。
(週に40時間以内に収まっていたとしてもです。)

変形労働時間制等を採用するにしても
予めシフト等で労働日と始業・終業の時刻を
特定しておく必要があります。

しかし、フレックスタイム制は始業・終業の時刻を
労働者にまかせる制度ですので、

事前にシフト等で各日の始業・終業の時刻を
特定しておく必要がありません。

下記のフレックスタイム制の条文をお読みください。
アンダーラインの部分がそれに該当します。

■労働基準法第32条の3(フレックスタイム制)

使用者は、就業規則その他これに準ずるものにより、その労働者に係る始業及び終業の時刻をその労働者の決定にゆだねることとした労働者については、当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定により、次に掲げる事項を定めたときは、その協定で第2号の清算期間として定められた期間を平均し一週間当たりの労働時間が第32条第1項の労働時間を超えない範囲内において、同条の規定にかかわらず、一週間において同項の労働時間又は一日において同条第2項の労働時間を超えて、労働させることができる。
1.この条の規定による労働時間により労働させることができることとされる労働者の範囲
2.清算期間(その期間を平均し一週間当たりの労働時間が労働基準法第32条第1項の労働時間を超えない範囲内において労働させる期間をいい、一箇月以内の期間に限るものとする。次号において同じ。)
3.清算期間における総労働時間
4.その他厚生労働省令で定める事項

また、人間は思い通りの力を
発揮する時間帯が違ったりします。

クリエイティブな業務であれば
従業員に始業・終業の時間をある程度まかせることにより、
効果的に仕事を進めることができるのは事実です。

確かに、魅力的な制度です。

フレックスタイム制のデメリットや弊害

しかし、従業員に始業・終業の時刻を
決める自由を認めるということには
弊害もあります。

1.自分を律することができない方
には向いていません。

2.また、フレックスタイム制であっても割増賃金の支払い
がいらなくなるわけではありません。

1日、1週間ではなく精算期間という単位で
割増賃金を考えるだけです。

個人個人バラバラの始業時刻・終業時間で
精算期間トータルの労働時間を計算して
割増賃金を考えることになります。

集計に関しては手作業を行うのは大変でしょう。

3.そして、会社が考えている時間数(契約時間)に
労働時間が不足してしまう従業員が出てきます。

その場合の賃金の扱いなどの面倒な問題も出てきます。

4.全員にフレックスタイム制を
導入することは無理でしょう。

一部の労働者に対してフレックスタイム制を
導入することになるでしょう。

先ほどあげた条文のアンダーラインをお読みいただければ
ご理解いただけると思いますが、

もちろん、一部の労働者に対してのみ
フレックスタイム制を導入することも可能です。

しかし、1部の社員にフレックスタイム制を導入すると
「彼ら(彼女ら)だけ、ずるい!」などと
その他の従業員から不満が出てきます。

多くの会社ではクリエイティブ部門に
フレックスタイム制を導入することになるでしょうが、
どうしても特別扱いをしていると受け取られがちです。

これは、会社としては避けないといけない事態ですよね。

また、デメリットや弊害とは違いますが、
フレックスタイム制は従業員の過半数代表者
との労使協定の締結が必要です。

労使協定は法律に則った内容にしなければならず、
また、運用もしかりです。

かなり大変な制度だと思います。

就業規則へ記載しなければならないこともあり、
就業規則の変更も必要になります。

制度の導入は目的から考えましょう!

フレックスタイム制は導入したとしてもうまくいかず
元に戻す会社が本当に多い制度です。

フレックスタイム制を導入したい
と思ったからには目的があるはずです。

その目的が達成できるのであれば
フレックスタイム制でなくてもかまわない
のではないのではないでしょうか?

おそらく、会社が達成したい目的を考えたとき、
真っ先に思い浮かんだのがフレックスタイム制
だけだったということではないでしょうか?

詳しくお話をうかがえば、
フレックスタイム制を採用しなくても
他の制度で会社の目的は達成できることはとても多いです。

フレックスタイム制を導入するにはどうしたら良いか?
という発想ではなく、

自社の働き方に最も合った制度は何か?
という思考が大切です。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
変形労働時間制とは何ですか?~1か月単位と1年単位
定額残業代に対する大きな誤解

在宅勤務はじめ多様な働き方を認める会社が増えています~在宅勤務就業規則等

 

 

 

 

 

 

ここ1年ぐらいでしょうか?
ご依頼をいただく会社様に一定の傾向が出てきています。

多様な働き方を認める会社様が増えてきています。

例えば、「仕事が終わったら終業時刻前であっても
帰ってくれてかまいません。」

「出社時間も別に何時でも良いです。
ただし、悪用されては困りますので
悪用されない対策をお願いします」

「フレックスタイム制ですか?」
とお聞きしても

「いえ、違います。1日単位で割増賃金をカウントします」
と仰います。

在宅勤務を認める会社様もとても増えてきました。

何というか、場所や時間に縛られない働き方
と言ったら良いのでしょうか?

ベンチャー企業から就業規則の作成のご依頼を受けると
たいてい多様な働き方を認めるケースになります。

ベンチャー企業の場合には、
朝9時出社・終業18時といった
企業からのご依頼は本当に減りました。

普通の就業規則を普通に作成するだけなら
自社でできるということでしょうか?

在宅勤務は意思の力が強くないと
ついつい自分を甘やかしてしまうものです。

大学受験の浪人時代を思い出していただけると
ご理解いただけると思います。

自宅に自分の勉強部屋があっても
予備校の自習室や図書館で勉強する浪人生が多いのは
自宅だとついつい怠けてしまうからでしょう。

ダイヤモンドのような強い意志でもない限り、
仕事も同じでついつい自分を甘やかしてしまうものです。

やはり、それ相応の秩序が必要ですので
規則を整備しておく必要がありますね。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
テレワーク就業規則 ~出社しなくて良いという会社様が増えています