喫煙についての会社の扱いは様々です。

この仕事をするようになるまで
職場での喫煙の扱いを明確にしたいためだけのために
就業規則作成のご依頼をしていただくことがある
とは思ってもいませんでした。

しかも、少なくありません。

就業時間内の喫煙についての扱いは
会社によって様々です。

仕事中の喫煙を認めると
その時間中は仕事をしていないわけです。

扱いを明確にしたいと仰る会社様は、
「賃金を控除したい」という会社様なのかな
と思っていました。

さすがに、そこまではお考えでない経営者がほとんどです。

しかし、勤務時間中に頻繁に喫煙で席を立ち
就業時間内に仕事を終わらせず残業していては
経営者も納得いかないのでルールを
明確にしたいということのようです。

また、仕事中に喫煙をしに席を頻繁に立つ
従業員の方がいた場合、
他の従業員の方も納得いかないでしょう。

職場の雰囲気が悪くなっては困ります。

喫煙については会社でルールを作成して
きちんと就業規則に記載しておくことが必要
な時代になったのかもしれませんね。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。