就業規則 説明

新入社員への就業規則の説明会について

もう春になりましたね。

この時期は新入社員の入社の時季ですね。

それで就業規則の説明をする必要があるので
どのように説明をしたら良いですか?

そのようなご質問を受けます。

もちろん、業務としてご依頼いただければ、
当事務所も従業員の方への説明会を
行わせていただきます。

就業規則を使った新入社員研修に近いものになりますね。

外部の人間がお話をした方が良いことって
ありますからね。

ただ、就業規則を改定した際の就業規則の説明については
社内の方がご説明した方が良い結果につながっています。

就業規則を改定する場合には、
改定の理由・思いというのがありますよね。

その思いは外部の人間が説明するよりも
会社の方がご説明した方が伝わるからです。

やはり、経営者がご説明するのが1番です。

ただ、うまく説明できないことがあるでしょう。
言葉にならないこともあるかと思います。
誤解して伝わってしまっては逆効果です。

そこで、経営者の方と一緒に考えて
フォローさせていただくという形にしています。

やはり、良い説明の仕方と良くない
説明の仕方というのはありますからね。

話がそれてしまいました。

既にある就業規則を従業員(新入社員)
に説明する際のポイントについてお話をします。

会社の就業規則は会社が定めたルールであって
従業員はそれに従う義務があることを
伝えしてください。

そして、そもそもルールはなぜ必要か
というところからお話をしていくことが
必要だと思います。

説得力が違ってきます。

・就業規則は会社のルールであって、

・そのルールを破るとどうなるのか?

・困るのは誰なのか?

・結局、困るのは真面目に働いている従業員であって、
決して、会社側の都合のためにある
ルールではないこと

・真面目に働いている従業員を守るためにも
厳しめのルールは必要であること

・そして、ルールを破ると処罰の対象になること

当然、就業規則の条文の全てについて
それを行えることが必要です。

なぜ、規則(ルール)があるのか
会社が説明できないルールなど
誰が守ろうとするでしょうか?

そして、それらを雇用契約とは何か
という点とからめてご説明することが大切です。

つまり、従業員は労働力を提供すれば、
それで良いというものではないということを
お伝えする必要があります。

この辺りにご説明が社内の方では説得力を欠く
からか外部の専門家にご相談をするメリット
があるのでしょうね。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

就業規則の従業員説明会については
以下のページにまとめてあります。
就業規則の従業員説明会まとめ

関連記事
新入社員への就業規則の説明会について
就業規則の従業員説明会とは何ですか?
新入社員へ就業規則を説明する際に最も大切なこと

2代目社長の悩み~就業規則のご依頼理由

社会保険労務士事務所ごとに特徴があると思いますが、
当事務所では後継者、2代目社長等
からの就業規則のご依頼が非常に多いです。

 やはり、2代目経営者の会社と創業者の会社では
就業規則の見直しのご依頼の理由に違いがあります。

それは、社員と経営者の関係が
創業者が社長の会社とは違うから
だと思っています。

会社を継ぐ二代目経営者は
ご家族(多くの場合、ご子息)が多いですが、
(それも継いでみて初めてわかる理由があるようです・・)

二代目の社長よりも長く会社にいて会社に貢献してくれてきた
人がたくさんいらっしゃるわけです。

経営者の皆さんも社員の方々に物凄く気を使っていらっしゃいます。
(凄くいい社長が多いです!)

だからこそ、きちんと就業規則をはじめとした規則
(ルール)を整えておくことが必要になってくるのでしょう。

社長の言うことだから聞こうではなく、

きちんとしたルールを整備し
それを遵守していきましょう!

そのような形に変えていきたいということのようです。

そういうご依頼から、「簡単なものを作成してくれればよい」
とお考えの会社は少なく、

じっくりと取り組みたいという方が多いです。

当事務所は、どんな細かいニーズでも
できるだけお答えしようと考えています。

打合せの回数や時間とかも制限を設けることなく
必要な時間・日数を行うということにしています!

そういう理由で後継者、二代目社長からの
就業規則の見直しの依頼が多いのかなと思います。

丁寧に社員の皆様にも就業規則の内容を
説明したいという方も多く、

就業規則の従業員説明会の
ご依頼もとても多いですね。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

従業員の反発を受けず就業規則の変更の説明するには?

就業規則を変更・見直したりしたら
従業員へご説明しますよね。

その際に、従業員にどうご説明したら良いか?
とのご相談を受けることが多いです。

反発を受けずにスムーズに説明をしたい
という会社様はとても多いです。

そこで、今回はこのことについてお話をしたいと思います。

変更後の就業規則の内容をお伝えするのは当然ですが、
「なぜ?」就業規則を見直したのか
その理由も丁寧にご説明することが大切です

要するに、変更の理由ですね。

当たり前のことかもしれませんが、
本当に重要なことです。

以下の話は有名なのでご存知だと思います。

コピー機を先に使わせてほしいときに
「コピー機を使わせてください」と言うより、

「急いでいるので、コピー機を使わせてください」
といった方がコピー機を先に使わせてくれる
確率が増えるということです。

しかし、この話には続きがあることは
あまり知られていません。

コピー機を貸してほしい理由が単に
「コピー機を貸してほしいからです」であっても
貸してくれる率は上がるとのことです

「そんなバカな」と思われるかもしれません。
しかし、実験で結果が出ているそうです。

それぐらい、理由(なぜ?)は大切なのです。

さすがに、就業規則の変更の場合には、
理由が何でも良いというわけはありません。

コピー機を貸してもらうのとはわけが違います。

しかし、なぜ、変更を行う必要があるか?を
お伝えすることが重要である
ことに変わりありません。

就業規則の従業員説明会を行う際に
最も大切にしているのがこの理由です。

社員の皆様が制度を設けた際に激しい
反発を受けることがあります。

その理由は大きく分けて3つあります。

その一つが「納得ができない」なのです。

完全に納得していただくのは難しくても
丁寧に変更の理由を説明することで
「納得がいかない」という声は減ります。

物凄く当たり前のことを言っているかと
思われるかもしれませんが、

本当に重要なことです。

ただ、労働法は難しい(細かい)です。
誤解のないよう従業員の皆様にご説明を
行うのは難しい場合もあります。

説明の仕方がまずくて
本来であれば生じないトラブル
が生じることはります。

身近にいる労働法の専門家
にご相談してみてください。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
就業規則の従業員説明会とは何ですか?
新入社員への就業規則の説明会について
新入社員へ就業規則を説明する際に最も大切なこと

就業規則の従業員説明会とは何ですか?

就業規則は作成して労働基準監督署に提出しても
従業員に周知していなければ有効になりません。

就業規則をはじめとした会社規程は
会社のルールであり契約書です。

それを従業員に守ってもらうためには
周知が必要です。

退職金規程、賃金規程(給与規程)、
旅費規程、育児・介護休業規程
車両管理規程すべてに当てはまります。

もちろん、パートタイマー就業規則であろうと
嘱託就業規則だろうと
契約社員就業規則だろうと同じです。

従業員お一人お一人にお配りする。
事業所に備え付けておく。
ネットで見れるようにする。

いろいろ考えられますが、いずれにせよ、
「内容を理解していませんでした」
というのでは意味がありません。

そこで、従業員説明会を開催して
内容をきちんと説明することが
必要になってくるでしょう。

もちろん、お一人お一人と
お話をしても良いでしょうが、

従業員の方に集まっていただき説明会を
開催することも有効です。

これが就業規則の従業員説明会と呼ばれるものです。

裁判所もこの従業員説明会を重要視しているようです。

ただし、この説明会を開催したことをもって、
就業規則を不利益に変更した場合の同意に変える
というのは困難です。

不利益に変更した場合には、
同意書にサインしていただくことが必要です。

就業規則の従業員説明会については
以下のページにまとめてありますので
ご覧ください。↓↓↓
就業規則作成後のサービス ~就業規則の従業員説明会

なお、この就業規則の従業員説明会は
就業規則を使った研修に近いものになります。
以下の関連記事も合わせてお読みください。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
新入社員への就業規則の説明会について
新入社員へ就業規則を説明する際に最も大切なこと