就業規則見直し

就業規則の体系図~就業規則に矛盾が生じて困っています

「就業規則に矛盾が生じてしまっています。
自社で対応できなくなったので専門家に一度みて欲しい。」

このようなご相談はとても多いです。

総務部や人事部がきちんとある会社が多いですね。

大抵の場合、法改正の度に、自社で
就業規則の変更(見直し)をし
定額残業代など新しい制度を導入する際に変更をし・・・
という形で変更を繰り返して、

「あれっ、この条文とこの条文って矛盾しているよね」

「それより、この条文は、なんで入れたんだっけ?」

「会社を辞めたAさんが作ったからわからないな」

「マイカー通勤を規定したいけど、どこに入れたら良いんだ?」

「マイカー通勤を規定するなら社有車の規定も必要じゃないか?」

というようなことになることが多いようです。

しかし、なぜ、このようなことが起きるのでしょうか?

これは、会社規則の体系を意識せずに
作成したことに原因があります。

就業規則の体系を考えずに作成すると、
就業規則を変更する際に
どこ(どの条文)を変更してよいか?
又は、どこに条文を入れて良いか?
わからなくなります。

本にも目次があります。就業規則にも目次(体系)が必要です!

 

 

 

 

 

 

本を書く際に、自分の書きたいことを
1ページ目から書き始める人はいないでしょう。

本にはきちんと章立てがあり
その章立てには意味があります。

それが本の体系になります。

会社規則にも体系があるのです。

きちんとした体系の元で就業規則を作成すれば、
このようなことは起きません。

ぜひ、体系を重視して就業規則の作成
を行ってください。

もし、現在、体系がきちんとしていない場合には
体系から全面リニューアルする必要があります。

なお、就業規則の体系図を作成して欲しい
とよく言われますが、

会社規則の体系図を作成しなくても
就業規則の条文の目次がその役割を果たします。

条文の目次を大切にして作成してみてください。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
就業規則の作成は自社で作成したという会社様へ

就業規則の実績の基準って何でしょう? ~何社の就業規則作成したか?

「就業規則の実績って何あろう?」

今回、事務所のホームページを改定する際して、
真剣に考えました。

就業規則作成の実績って本当に大切ですよね。

それは、就業規則に限らず、
どの分野でもどの業界でも
同じだと思います。

私も業務を依頼するときには
実績を重視します。

しかし、実績って何でしょう?

どういう方が実績がある
といえるのでしょうか?

就業規則の実績に関して言えば、
「 何社の就業規則を作成したか?」
という数字にはあまり意味がない

そう思うようになりました。

多くの会社の就業規則に関する業務を
受けてきたからこそ思うようになったことです。

今回は、なぜ、そう思うようになったか
その理由をお話をさせていただきます。

例えば、法改正に関して依頼を
受けることがあります。

以下のような改定ですね。

定年後再雇用の規定の変更
育児介護休業規程の変更

その部分のみを変更したとします。

確かに、それが100社あったら100社の就業規則改定
の実績があると言っても嘘ではないのかもしれません。

しかし、この数字に意味があるでしょうか?

全く意味がないと私は思います。

お客様は実績で何を判断したいのでしょうか?

専門家のスキルや経験を
判断したいはずです。

しかし、これらの変更を、何百・何千社で行おうが、
これでは就業規則に関する経験もスキルも増えません。

ほとんど同じ改定(何パターンかだけ)だからです。

累計何百社と言ったところで
それがどのような業務を指す
のかわからならないと思うのです。

上記の業務と以下の業務でも同じ1社です。

・社内(役員間等)でも意見の対立があるために
・何パターンかの案を常にご提案しつつ
・複数の方(様々な立場の方)からお話をうかがい
・何度も会社と協議を重ね
・従業員の理解を得つつ
就業規則を見直していった案件

確かに、実績としては1社です。
しかし、経験上、先ほどの業務をどれだけ行うよりも
密度の濃い経験となります。

物凄いスキルが身につきます。

では、お客様が専門家の選択基準となる
経験やスキルがあるかという証拠となる実績は
何を基準にして考えたら良いのでしょうか?

それは、「費やした時間」及び「その密度」ではないかと思います。

「どれだけの時間を就業規則という業務
に費やしてきたか」ではないかと思うのです

そのためには専門特化している
というのはとても大切だと思います。

たくさんある業務の中の一つに就業規則があるのでは
必然的に、一つの業務(分野)に費やせる時間は少なくなります。

今回のホームページ改定では
そういう観点から実績というものを考えて
ホームページのトップページに記載しています。

私はこれからも人事・労務問題を解決するため
就業規則の見直しに特化していきたいと思います。

もちろん、関連業務は行わせていただきます。

様々な関連のサービスをご提供できるように
創意工夫していきます。

就業規則をどの専門家に依頼してよいか
わからないという悩みは良く受けます。

そこで、今回は、就業規則の業務をご依頼する際の
社会保険労務士の選び方のご参考になればと思い
お話をさせていただきました。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
就業規則は1行が大切です
就業規則の依頼で社会保険労務士を選ぶポイント ~経験豊富であるか?を見分けるコツ