定額残業代の計算サイトを有効に活用するには? ~基本給に残業代を含む計算サイト

定額残業代を計算するサイトがあるようです。
定額残業代は固定残業代と呼ばれることもあります。

基本給に残業代を含むようにしたい場合がありますよね。

便利な世の中になりました。

例えば、基本給30万円に30時間分の時間外割増賃金
(残業代)を含むようにしたいなどです。

しかし、現在は、「30時間分の時間外割増賃金(残業代)
を基本給に含む」と雇用契約書に記載しただけでは無効です。

30時間分の時間外割増賃金が
いくらに該当するかを明記しないといけません。

「30時間の時間外割増賃金(〇万円)を含む」
といった表記が雇用契約書に必要です。

しかし、実際に計算してみるとわかりますが、
残業代の計算の仕組みを理解していないと
これは計算できません。

30万円の基本給に対して30時間分の時間外割増賃金
がいくらになるかは簡単に計算できます。

しかし、その逆は難しくはありませんが、
簡単ではありません。

基本給総額 30万円
本来の基本給はいくら? 30時間分の時間外割増賃金はいくら?

定額残業代の計算サイトは月間平均所定労働時間や
定額残業代を何時間に設定したいか?
等を入力すると自動で出てきます。

非常に便利です。

定額残業代の計算サイトを利用する際の注意点

当事務所に定額残業代のことでご相談いただいた会社様
の多くがそういったサイトの存在をご存じでしたが、

きちんと仕組みをご理解せずに使用したために、
結果として、法的に問題のある状態になってしまった
会社様がとても多いです。

当然ですが、適正な数値の入力をしないと適正な出力にはなりません。
結果として問題のある状態(違法な状態)になります

例えば、『月間平均所定労働時間』を入力する際の
数値が誤っていて結果として出てくる数値が
法的に正解ではないものとなっていたなどです。

そもそも、月間平均所定労働時間とは何か?

なぜ、その月の所定労働時間を使わずに
年平均所定労働時間を使うのか?

残業代を100円単位で算出しているが、
なぜ、1円単位ではなく100円単位で算出することができるのか?

そういう基本的な仕組みの理解は当然のこととして
「なぜ、30時間分の時間外割増賃金がその金額になるのか?」
といった仕組みまで理解しておく必要があります。

また、入力する際の数値が適正であっても、
雇用契約書に記載する際の記載の仕方が
法的に無効であったら意味がありません。

もし、万万が一、定額残業代が無効となったら・・大変です。

↓↓↓以下の記事をお読みください。

定額残業代が裁判で否定された場合、どうなるか? ~残業代の計算方法!

でも、良く考えれば、仕組みをご理解していれば、
エクセルを使って自社で計算ファイルを作れますので、
サイトの利用も必要なくなるかもしれませんね。

便利なツールは積極的に利用することをお勧めします。
しかし、使用する際には仕組みの理解が必要です。

また、これは覚えてておいて欲しいのですが、
便利なサイトが公開されているということは
会社(経営社・人事総務担当者)のみならず
社員の方もご利用できるということです。

ですので、定額残業代について
少しでも曖昧なところが会社にあれば、
指摘される時代になったと言えるでしょう。

ですので、当事務所では雇用契約書の作成のご依頼を
受けた際には仕組みをご説明するとともに、

ご要望があれば数値を入力すれば、
自動で出てくるエクセルシートを作成してお渡ししています。

定額残業代は残業代削減という観点からは意味のない制度

ただ、当事務所は、残業代削減という目的で
定額残業代を導入するのはお勧めしておりません。

残業代削減という観点からは定額残業代
(固定残業代)は意味がないからです。

↓↓理由はブログ記事で書いてきたとおりです
定額残業代に対する大きな誤解

上記の記事でも書いてありますが、
残業代削減という観点からは意味がないからといって
無意味な制度ではありません。

導入のメリットがあり
きちんと有効活用すればとても良い制度です。

実際、社会保険労務士事務所の求人をみても
定額残業代を支給しているぐらいですからね。

ただ、中途半端な形(完全な理解をしていない状態)
で導入するのであれば、

もう止めた方が良い時代になったと言えます。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
定額残業代の条文賃金規程に存在するのに、定額残業代を導入したいというご相談!?