テレワーク就業規則 ~出社しなくて良いという会社様が増えています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅勤務に限らず
「会社に出てこなくても良い」という
勤務形態をとる会社様からご依頼いただく
ことが増えました。

時間や場所の誓約を受けずに働くことができる制度
のことをテレワークといいいます。

営業マンだったり育児・介護をしつつ働いている方だったり、
テレワーク勤務規程は結構作成しました。

確かに、今の時代には
会社に来なければできない仕事は
どんどん減ってきています。

「会社が定めた通信機器及び情報通信手段等を使って」
「業務を社外で業務を行う勤務」
も可能ですよね。

会社に出てきてもらう従業員数が減れば、
オフィスを広くしていく必要もなくなりますし、
通勤時間や通勤費の無駄も省けますし、
ライフワークバランスの観点からも
素晴らしいですね。

「私が働きたい!」

最近、よくそう思う職場からのご依頼も多いです。

しかし、悪用されては困るので、
きちんと制度を整えたいという
ご依頼内容がとても多いです。

自由には責任が伴います。

もし、自由な制度を悪用する従業員が出てきた場合、
会社だけではなく真面目に働いている社員さんも
嫌な思いをします。

そして、不平不満がたまっていきます。

自由で素晴らしい制度を導入している会社様こそ
ルールも同時に整備してておかないといけないと痛感します。

テレワーク・在宅勤務者について
きちんとしてルールを定めて
就業規則に記載しておく必要がるでしょう。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

労務問題を根っこから解決するメールセミナー

このブログへお越しいただいた方は、何らかの労務問題を解決したいと思って、お越しになったのだと思います。しかし、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、目の前の問題を何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このようなトラブルを複雑化させない(そもそも発生させない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。現在、御社がそのような状態でないしても、この6つを押さえておくことで、将来、問題が起きたときに、深刻化しなくなります。そもそも、労務問題が減るでしょう。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は『務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

メールセミナーの後にはメルマガもお送りします。


メールセミナーを購読する

コメント

コメントは停止中です。