フェスティナレンテ社会保険労務士事務所 就業規則トップページ


相談に来られる企業の就業規則の9割は問題を抱えたった一文が致命的な結果をもたらしています!

■引継ぎせず年次有給休暇を消化し「明日から会社に来ません」と突然 辞めてしまい、残された従業員がお客様のクレームに追われている。次からこのようなことがないようにしたい。
■だらだらと無意味な残業をする従業員がいて、仕事を所定内に終わらせている従業員のストレスになっている。
■中途採用した幹部候補生が、採用時に約束した成果を全くあげてくれないばかりか会社批判を繰り返し話し合いにもならない。働きに見合った給与にできるようにしたい。
■従業員が取引先や新入社員に虚偽の事実を言って回っている。それを聞いた取引先からの信頼を失っては大変だ。そのようなことを今すぐに止めさせたい。
■真面目に働いている従業員に報いる制度にしたいが、どうすればいいのかわからない。

当事務所にご相談にいらっしゃるお客様はこういった問題を複数抱えて、かつ一気に解決したいとお考えの方です。

 しかし、残念ながら、就業規則を見直したいというお客様の就業規則(又は改定案)を拝見すると、そのほとんどは適切なものではありません。就業規則は会社と従業員全体との契約書です。したがって、たった1行で会社に大損害を引き起こし、たった1行で会社を救うことがあるのが就業規則です。深い意味もなく設けた1行のために後々大きな問題になって、当事務所にお越しになる会社が本当に多いのです。

今まさに起こっている課題を一気に解決する就業規則を作成します!

当事務所は、会社が抱えている課題をお客様の不安が解消されるまでじっくりとヒアリングしうかがい、法律を守りつつ、今まで解決出来なかった会社の課題を一気に解決できるように就業規則を1行、1文にこだわって作成しています

もちろん、リスクのご指摘とその対策案も1行、1文にこだわって盛り込んでいきますが、現実に生じていないリスクの話ばかりしていても仕方がありません。当事務所の就業規則は、お客様が今現実に抱えている課題を解決するために就業規則を見直しているのです。

なぜ、そんなことが当事務所にはできるのか?

当事務所は開業以来一貫して、会社が抱える人事・労務の課題解決のため就業規則の作成・見直し(変更)とその関連の業務など就業規則専門の社労士事務所として、業務の95%以上の時間を費やしてきたからです(多い年は年間2500時間を超えます)。

時間を費やせばよいというものではありませんが、弁護士の先生でも「通達などが細かすぎて難しい」と仰る労務に関する法律に精通したうえで、お客様の不安が解消されるまで打合せをした上で、現場の状況も把握しながら最適な解決策を見出し、➃かつ、1行にこだわって(細心の注意を払って)就業規則を作成するためには、必要なことです。

打ち合わせでは、お客様の不安が解消されるまでとことんお付き合いします。お客様の究極の目的は不安を解消したいということだと思っているからです。実際、お客様の不安が解消されるまでお客様の悩みをうかがい終電がなくなったこともあります。しかし、ここまで徹底的に行うからこそ、複雑に絡み合った会社が変える課題を解決できる就業規則の見直し・作成ができるのです。

「1行の大切さにこだわった就業規則」のお客様の声をご覧ください!

ここまで、やってもらえるとは思っていませんでした!
【建設業「機械器具設置工事等」】
ここまで、やってもらえるとは思っていませんでした法律がからむ就業規則はしっかりとした専門家にやってもらわないと駄目だと思いました

■そんなことができるなんて今まで知らなかった!
【保健衛生業(接骨院)A社】
ここまで、きちんと、細かく、説明の上作成してもらえるとは思いませんでした。 しかも、就業規則にわかりやすくコメントまでつけてくれましたし、修正にも何度も応じて頂きました。

打合せでは、弊社の現状をよく聴いて頂き、私が理解できるまで何度も説明してくれました。労基法を含め、内容を理解する事ができたので就業規則の作成を通じて大変勉強になりました。そして、そんなことができるなんて今まで知らなかった!」という事が多かったです。やっぱり専門家は専門家ですね。

■心配の大きなところがクリアになった!
【海運業】
「就業規則に対する認識が変わりました。今まで考えていたよりも、就業規則がいかに重要かわかりました。それと、就業規則を整備して、今まで、ずっともやもやしていた気持ちがすっきりとしました」(一番良かったことを聞かれて)一番大きかったのは、心配の大きなところがクリアになったことでした

(当事務所の強みを聞かれ)時間を気にせずに何でもお話をできるところです。じっくりとお話を聞いてくれるので、細かなことも何でも相談できました。じっくりと聞いてもらった後での提案や助言がためになり、それで、考えもしなかったのことのヒントが出たりました。ちょっとした雑談の中からも解決のヒントが出てくることもありました。

全く考えてもいなかった制度を導入したりしました。やっぱり、じっくりと話をすることは大切だと思いましたね。柔軟に対応してくるところも良かったです。」

■就業規則をっかりと整備しておけば人事部なんていらないのではないかとさえ思った
【建設業(各種屋根材一般販売及び屋根工事業)】
(作成してみてどうでしたか?)就業規則をっかりと整備しておけば人事部なんていらないのではないかとさえ思いました。就業規則を読めば誰でも当社の制度・決まりごとがわかるという自動化システムができあがったと思います。

(依頼理由)どこにでもあるありきたりな就業規則ではいやでした。オリジナルなものを作成したいと思っていました。交流会でお会いして、この人なら、そんな就業規則、武器になる就業規則を作成してくれそうだと思いました。細かいニーズにも対応してもらえそうだと思ったのが理由です。

(実際に依頼してみて)イメージどおりでした。事務的な感じではなく、親身に対応してくれました。それに、「会社としてどうしていきたいですか?」という話から入っていったので、当初考えていなかったところまで引き出してもらい、就業規則に盛り込むことができました

■ちょっとやりすぎでは?というぐらいやってくれる
【番組制作会社】
(当事務所の強みを聞かれ)「ちょっとやりすぎでは?」というぐらい業務を行ってくれるところだと思います。何か相談したいことがあったときに、まず顔が浮かぶようになりました。」「自分では絶対気づかないことを即答してくるところです。」

■きちんと悩みを理解してくれる
【コンサートの企画・制作】
(ご依頼の理由を聞かれ)最初、税理士に紹介された人に会ったのですが、待ちの姿勢というか、自分がやる作業を見極めようという感じでした。悩んでいることを聞いてくれなかったです。きっと、理解もできなかったんでしょう。そこで、インターネットで社会保険労務士を探し、小嶋さんのホームページにたどり着きました。小嶋さんを気に入ったのは話をきちんと聞いて悩みを理解してくれたところです。「そういうことを言いたかったんだ」と思いました。

(当事務所のコンサルティングについて聞かれ)賃金制度の構築についてもうすでに私にはアイディアがありませんでした。小嶋さんは多くの経営者と接しているからか、ある言葉がすとんと落ちて「これだ!」というものが見えました。

話をよく聞いてくれて、かゆいところに手が届く感じでした。社会保険労務士というのは社会保険の手続や給与計算もするものと思っていました。ホームページを見てもそう書いてあるところばかりですし。小嶋さんもてっきりやっているものだと思ってました。それで、「何社もできるものではない」と思ったのですが、「この業務しかやっていません」と言われ、すとんと腑に落ちました。

(お勧めの会社を聞かれ)小嶋さんは「どこの会社も同じ悩みを抱えている」と言ってましたが、当社の業種は複雑だと思っていますので、当社の仕事をできるのであれば、どの会社、どの業種の仕事であっても、できると思いました。複雑な事情を抱えていて、コンプライアンスを遵守しつつ、会社の実情に合ったものにしたい会社には本当にお勧めしたいです。

■就業規則の制作もこちらの満足を超えるレベルで作って頂きました
【システム開発】
(顧問弁護士の先生がいるのにご依頼いただいた理由を聞かれ)以前従業員とトラブルになった時に、顧問弁護士が経験不足なのか全く役に立たず不安を覚えました。その時に弁護士と言っても万能ではなく得意不得意があるのがわかり、労務の専門家の御社に任せるのが良いと思いました。

(当事務所にご依頼いただいいてどうだったか?を聞かれ)こんなに詳細に作ってくださって今は労務トラブルの不安もほとんどなく日々の営業努力に集中できてます。

(繰り返しご依頼いただける理由を聞かれ)労務関係は小さなことでもすぐ御社に対応してもらうようにしてます。もう弁護士などに相談するのが逆に不安です。

(当事務所の強みを聞かれ)労務の事を想像を超えるくらい把握してる事です。就業規則の制作もこちらの満足を超えるレベルで作って頂きました

※以上は、全てお客様ページからの引用です。当事務所では、お客様の声が全てだと思っております。詳細は、就業規則・賃金コンサルティング お客様の声ページをご覧ください。

経営者団体からも講演の依頼を頂いております

当事務所は、労務問題解決のためのコンサルティング及びそれを書面化する業務が中心ですが、「就業規則の1文がどれだけ重要なのか」に絞ったセミナーも、中小企業家同友会をはじめとし講演のご依頼頂き実施しております。

最初のセミナーは私のブログをお読みいただいただいたご依頼でしたが、それ以降は、実際にセミナーにご参加いただいた方からの講師としてのご依頼です。実際に参加いただいた方からご依頼をいただけるのは、就業規則の1行がどれだけ重要かがセミナーを通じて理解できたからだとおっしゃって頂いております。

●2011年6月 東京中小企業家同友会 共同求人委員会主催
セミナータイトル「就業規則を見直してますか?就業規則」
~労使トラブル・職場のトラブルが起きないようにする、又は起きたときに解決手段として役に立つ就業規則とは~

 

●2012年1月 東京中小企業家同友会 港支部(千代田支部・中央区支部交流)
セミナー セミナータイトル「会社に不利益を及ぼすかもしれない就業規則を見直おす」29名登録

アンケート集計結果(5段階評価)大変良かった(47%)、良かった(47%)普通6% やや不満・非常に不満(0%)

●2013年5月 東京中小企業家同友会 品川支部38社
セミナー

セミナータイトル「会社を守る就業規則VS会社を潰す就業規則」

アンケート集計結果(5段階評価)大変良かった(60%)、良かった(30%)普通10%、悪い・非常に悪い(0%)

 

●2014年 7月 東京中小企業家同友会 杉並支部  35名
セミナータイトル「会社に損害をもたらすかもしれない就業規則の1文を見直す!9割の就業規則は何らのリスクを抱えています」

 

 

最初のセミナーは私のブログをお読みいただいただいたご依頼でしたが、それ以降は、実際にセミナーにご参加いただいた方からの講師としてのご依頼です。実際に参加いただいた方からご依頼をいただけるのは、「就業規則の1行がどれだけ重要かがセミナーを通じて理解できたからだとおっしゃって頂いております

まずは、就業規則コンサルティング(無料)にお申し込みください!

当事務所では、いきなりのお仕事のご依頼は承っておりません。まずは、通常は有料で行っている人事労務問題解決のための就業規則コンサルティングというものを無料で受けていただいております。

人事労務問題解決のための就業規則コンサルティングとは、単にお話をうかがう無料相談とは異なり、就業規則を拝見させていただき、その場で会社が抱えている問題を解決するために必要な、具体的なコンサルティング(解決策のご提示)を行うというものです。このコンサルティングを受けていただいて当事務所のご提示する解決策にご納得いただいた場合に、お仕事のご依頼をご検討いただくという流れになっております。

完全無料で行っている理由(思い)や流れ等詳細にご説明しておりますので、現在、人事労務の問題でお困りの方は、就業規則コンサルティング(無料)ページをご覧ください。

直接会って相談するのはもう少し検討してからにしたいという方は、当事務所が行っている人事労務問題解決のための就業規則メールセミナー(無料)をご受講ください。労務問題を複雑にしてしまっている会社が共通している間違いをまとめてお送りします。
メールセミナー(無料)のご受講はこちら!