割増賃金を計算する際に算定基礎から除外して良い手当は決まってます

割増賃金の1時間の単価を計算する際に
手当を除いてよいかという問題があります。

除いてよい手当は決まっています。

1.家族手当
2.通勤手当
3.別居手当
4.子女手当
5.住宅手当
6.臨時に支払われる賃金
7.1か月を超えて支払われる賃金

以上に限定されています。

就業規則に記載しても上記手当以外は
割増賃金の算定基礎に入れなければなりません。

上記手当が割増賃金を計算する際に
除外しても良い理由については
きちんとした理由があります。

例えば、通勤手当を含めて時給単価を計算しないといけない
ということになったらどうなるでしょうか?

会社から遠い人ほど、残業代の単価が高くなる
というおかしなことになってしまいます。

家族手当も同じです。

ご家族が多い人ほど家族手当が多くなるのはわかりますが、
残業をしたときの1時間の単価が高くなるというのはおかしいです。

そこで、除いてよいということになっています。

この割増賃金の計算をする際に除いてよい手当は、
よく労働基準監督署の調査で指摘される部分です。

なぜ、上記以外の手当でも割増賃金を出す際に
除いてよいと誤解する会社が出てくるのでしょうか?

それは、「手当」という名称に原因がある
のではないかと私は思っています。

「手当」という名称だと「福利厚生」
のような印象を与えてしまうからだと思います。

しかし、それは認められません。

そのようなことが認められてしまえば、
手当という名称をつけ割増賃金の時給単価を
下げることが可能になってしまうからです。

それは、先ほどの表にある手当でも同じです。

例えば、住宅手当という名称がついていれば、
全て割増賃金の単価を計算する際に除いてよい
わけではありません。

除いてよい場合がきちんと決められているのです。

先ほどの除いてよい趣旨(理由)に照らしていただければ、
ご理解いただけると思います。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

残業代の問題でお悩みの経営者の方へ。残業代削減コンサルティング(無料)にお申込下さい

当事務所は、残業代削減無料コンサルティングというサービスを行っております。ご相談企業の詳しい事情をうかがい、当事務所が持っている残業代削減の事例や実際に効果のあったノウハウ等を駆使して、残業代を削減する方法をその場でご提案するというものです。ご相談いただいた企業の92.59%で残業代を削減のご提案ができています(2018年12月1日現在のデータです)。

当事務所は、労務問題の専門事務所です。他の社会保険労務士事務所が通常は行っているであろう、社会保険、助成金等の業務は行っていません。しかし、その分、蓄積してきた残業代削減の膨大な他社事例・取り組み事例があります(216事例)。全て私自身が経験してきた机上の空論ではない活きた事例です。様々な残業代を解決した事例があります。それらを使用して、無料で残業代削減コンサルティングを行っています。この無料のサービスは残業代削減方法を教えますので(2014年までは)1時間1万円(税別)の料金をいただいていた内容です。

なぜ、無料で行うのか?等の詳細は、残業代削減ページ(の最後の部分)をお読みください。無料で行う理由にはきちんとご納得いただけると思います。御社がこの無料のサービスをお受けいただ区ことにより、何らリスクを負うことはありません。営業行為や強引なクロージング等を行うことはないからです。当事務所からのお約束等も記載しています。

残業代を削減するご提案自体は、当事務所にとって何等難しいことはありません。

なお、毎月26日を起算日として月3社限定となっています。また、通年では行っておりません。ご興味のある方は、以下をクリックしてください。


残業代(無料)コンサルティングの詳細はこちら