事務職にも「みなし残業」を導入できますか?

「事務職を対象にみなし残業を就業規則で導入したいです」
というお話はけっこういただきます。

「具体的にどのような制度をお考えですか?」
とお聞きすると、

「休憩時間がお昼休憩以外にだいたい1時間ぐらいは
とっているはずなので1日1時間は残業代が出ない」

このような制度のことがあります。

結論から申し上げると、
事務職を対象としたこのような「みなし」
は法律上認められていません

基本給に一定額の残業代を含むことは
きちんとした手続を踏めば可能ですが、

休憩時間を1時間はとっているだろうから
1時間分の残業代は出ないというような
事務職を対象とした制度はありません。

きちんと休憩時間を就業規則で整備するか
他の制度を導入するかしないと
従業員の方からの請求があった場合には
残業代の支払いが必要になるでしょう。

みなみに、事業場外で働いている従業員
(例えば、営業マン等)は何時間働いているか
わからない場合がありますよね。

そのような方には「みなし」労働時間制
(労働基準法38条の2)
という制度が適用になることはあります

例えば、実際に働いた時間にかかわらず
労働時間を8時間とか9時間とかに
「みなす」ことができる場合があります。

しかし、社内で働いている事務職には、
そのような「みなし」労働時間制の適用はありません。

なお、実際の労働時間とは関係なく
決められた時間働いたものとみなす
「みなし労働時間制」は法律では
以下のものが認められています。

先ほどお話をした
事業場外労働のみなし労働時間制(労働基準法38条の2)
と裁量労働制(労働基準法38条の3、38条の4)です。

これらの制度は、
・営業マンだったり、
・出張中の場合であったり、
・システムエンジニアだったり
・企画の業務に従事する者だったり
と対象が限定されています。

導入の要件もきちんと決められています。
かなり厳しいと思ってください。

そもそも、お話をうかがえば
他の方法で会社が抱えている課題を
解決することは十分可能なことが多いです。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
裁量労働制を事務職に適用できますか?
営業マンには残業代がいらないと思っていませんか?
営業マンには残業代がいらないと思っていませんか?
定額残業代に対する判例の傾向
定額残業代に対する大きな誤解
定額残業代が裁判で否定された場合、どうなるか? ~残業代の計算方法!

残業代の問題でお悩みの経営者の方へ。残業代削減コンサルティング(無料)にお申込下さい

当事務所は、残業代削減無料コンサルティングというサービスを行っております。ご相談企業の詳しい事情をうかがい、当事務所が持っている残業代削減の事例や実際に効果のあったノウハウ等を駆使して、残業代を削減する方法をその場でご提案するというものです。ご相談いただいた企業の92.59%で残業代を削減のご提案ができています(2018年12月1日現在のデータです)。

当事務所は、労務問題の専門事務所です。他の社会保険労務士事務所が通常は行っているであろう、社会保険、助成金等の業務は行っていません。しかし、その分、蓄積してきた残業代削減の膨大な他社事例・取り組み事例があります(216事例)。全て私自身が経験してきた机上の空論ではない活きた事例です。様々な残業代を解決した事例があります。それらを使用して、無料で残業代削減コンサルティングを行っています。この無料のサービスは残業代削減方法を教えますので(2014年までは)1時間1万円(税別)の料金をいただいていた内容です。

なぜ、無料で行うのか?等の詳細は、残業代削減ページ(の最後の部分)をお読みください。無料で行う理由にはきちんとご納得いただけると思います。御社がこの無料のサービスをお受けいただ区ことにより、何らリスクを負うことはありません。営業行為や強引なクロージング等を行うことはないからです。当事務所からのお約束等も記載しています。

残業代を削減するご提案自体は、当事務所にとって何等難しいことはありません。

なお、毎月26日を起算日として月3社限定となっています。また、通年では行っておりません。ご興味のある方は、以下をクリックしてください。


残業代(無料)コンサルティングの詳細はこちら