就業規則の実績って何だろう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「就業規則の実績って何あろう?」

事務所のホームページを改定する際して、
真剣に考えました。

今回は、その私が考えたことが就業規則の専門家を
お探しのかたの何らかの参考になればと思いますので、
書かせていただきます。

就業規則作成の実績って本当に大切です。

それは、就業規則に限らず、
どの分野でもどの業界でも
同じだと思います。

私も業務を依頼するときには
実績を重視します。

しかし、実績って何でしょう?

どういう方が実績がある
といえるのでしょうか?

就業規則の実績に関して言えば、
「 何社の就業規則を作成したか?」
という数字にはあまり意味がない

そう思うようになりました。

多くの会社の就業規則に関する業務を
受けてきたからこそ思うようになったことです。

今回は、なぜ、そう思うようになったか
その理由をお話をさせていただきます。

例えば、法改正に関して依頼を
受けることがあります。

以下のような改定ですね。

定年後再雇用の規定の変更
育児介護休業規程の変更

その部分のみを変更したとします。

確かに、それが100社あったら100社の就業規則改定
の実績があると言っても嘘ではありません。

しかし、この数字に意味があるでしょうか?

全く意味がないと私は思っています。

お客様は実績で何を判断したいのでしょうか?

専門家のスキルや経験を
判断しようとしているはずです。

しかし、これらの変更を、何百・何千社で行おうが、
就業規則に関する経験もスキルも増えません。

ほとんど同じ改定(何パターンかだけ)だからです。

累計何百社と言ったところで
それがどのような業務を指す
のかわからならないと思うのです。

上記の業務と以下の業務でも同じ1社です。

・社内(役員間等)でも意見の対立があるために
・何パターンかの案を常にご提案しつつ
・複数の方(様々な立場の方)からお話をうかがい
・何度も会社と協議を重ね
・従業員の理解を得つつ
就業規則を見直していかざるを得なかった案件

確かに、実績としては1社です。
しかし、経験上、先ほどの業務をどれだけ行うよりも
密度の濃い経験となります。

物凄いスキルが身につきます。

問題は、数ではなく密度です。

では、お客様が専門家の選択基準となる
経験やスキルがあるかという証拠となる実績は
何を基準にして考えたら良いのでしょうか?

これは、本当に難しいです。
直接会って話をするしかありません。

それを大前提として、それでもなお、
客観的な数字で表すとすると、
何でしょうか?

「費やした時間」ではないかと思います。

「どれだけの時間を就業規則という業務
に費やしてきたか」ではないかと思うのです

複雑な案件であればあるほど
時間はかかりますからね。

そのためには専門特化している
というのはとても大切だと思います。

たくさんある業務分野の中の一つに就業規則があるのでは
必然的に一つ分野に費やせる時間は少なくなります。

今回のホームページ改定では
そういう観点から実績というものを考えて
ホームページのトップページに記載しています。

私はこれからも人事・労務問題を解決するため
就業規則の見直しに特化していきたいと思います。

もちろん、関連業務は行わせていただきます。

様々な関連のサービスをご提供できるように
創意工夫していきます。

就業規則をどの専門家に依頼してよいか
わからないという悩みは良く受けます。

そこで、今回は、就業規則の業務をご依頼する際の
社会保険労務士の選び方のご参考になればと思い
お話をさせていただきました。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
就業規則は1行が大切です
就業規則の依頼で社会保険労務士を選ぶポイント ~経験豊富であるか?を見分けるコツ

労務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナー

申し訳ございません。現在、募集を停止しております。

このブログへお越しいただいた方は、何らかの労務問題を解決したいと思って、お越しになったのだと思います。しかし、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、目の前の問題を何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このようなトラブルを複雑化させない(そもそも発生させない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。現在、御社がそのような状態でないしても、この6つを押さえておくことで、将来、問題が起きたときに、深刻化しなくなります。そもそも、労務問題が減るでしょう。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は『務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

メールセミナーの後にはメルマガもお送りします。


メールセミナー詳細ページ