喫煙(たばこ)中の賃金~就業規則には喫煙について規定しましょう

喫煙についての会社の扱いは様々です。

この仕事をするようになるまで
職場での喫煙の扱いを明確にしたいためだけのために
就業規則作成のご依頼をしていただくことがある
とは思ってもいませんでした。

しかも、少なくありません。

就業時間内の喫煙についての扱いは
会社によって様々です。

仕事中の喫煙を認めると
その時間中は仕事をしていないわけです。

扱いを明確にしたいと仰る会社様は、
「賃金を控除したい」という会社様なのかな
と思っていました。

さすがに、そこまではお考えでない経営者がほとんどです。

しかし、勤務時間中に頻繁に喫煙で席を立ち
就業時間内に仕事を終わらせず残業していては
経営者も納得いかないのでルールを
明確にしたいということのようです。

また、仕事中に喫煙をしに席を頻繁に立つ
従業員の方がいた場合、
他の従業員の方も納得いかないでしょう。

職場の雰囲気が悪くなっては困ります。

喫煙については会社でルールを作成して
きちんと就業規則に記載しておくことが必要
な時代になったのかもしれませんね。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

労務問題解決の思考に必要な6つの観点メールセミナー

就業規則の仕事を通じて、会社の労務問題解決について多くの業務を行ってまいりましたが、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、問題をそのときは何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このような労務問題を複雑化させない(そもそも発生すらさせない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしましょう。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

ご受講をお待ちしています!!


メールセミナーを購読する