人手不足時代の問題社員対応と就業規則

経営者にとって現在の最も大きな経営課題の一つ
が人手不足ではないでしょうか?

「とにかく人が来ない・・」
「良い人材が採用できない・・」

そのようなことでお悩みの会社が増えました。

「今、一番困ることは何ですか?」とお聞きすると、
「採用した人にすぐ会社を辞められてしまうこと」
と多くの経営者が仰います。

そんな時代ですから以前であれば採用しなかった
人を採用することが増えました。

やめられては困るということから
周りに迷惑をかける行動をする社員に対しても
強く出られないという会社も増えました。

以前であれば、「真面目な社員を守るためにも
問題社員には辞めてもらいたい・・」

そのようにお考えての会社が多かったのも事実です。

しかし、現在は、「そんなことを言っていたら
人がいなくなる・・」と仰る経営者が増えました。

迷惑をかける社員がいることで
結局困るのは真面目に働いている社員です。

経営者の問題社員への対応を他の社員は
シビアに見ています。

その結果、迷惑を受ける方の優秀な社員が辞めていく
という負のスパイラルにつながっています。

「このような問題を解決するのはどうしたら良いか?」
について様々な効果的な対策があります。

当事務所で言えば、以下のようなサービスです。

・社員の方々に規則とは何か?を考えてもらう研修
・社員の方々に規則の作成の一部に参加してもらう

ルールを守らず迷惑をかける社員がいるとすれば、
そのルールが『その人にとって』必要なものだと
理解(納得)していないことにあります。

社員の方々がきちんと規則の必要性を理解し、
納得しないから守らない人が出てくるのです。

「そのルール・規則がなぜ必要なのか?」
全てのルール・規則について御社では
明確に説明できるでしょうか?

ルールに理由などいらない!
そのようにお考えではないでしょうか?

以前のように募集すれば良い人材が確保できるのであれば、
それで良いかもしれません。

しかし、そうでないなら規則の必要性を理解し、
納得したうえで守ってもらうようにすることが必要です。

ただ、これは、「誰かが教える」という形よりも、
(やらないよりはやった方が良いですが・・)

社員の方々に自分で気づいてもらうことが必要です。

それには、第三者がファシリテーターとして加わり、
ワークショップ形式で行うのが有効です。

そのうえで、規則の作成一部に社員の方にも
主体的に参加してもらえば更に効果的です。

お考えください。
どれを一番自主的に守ろうとするでしょうか?

『誰か(会社)が作成した規則』
『自分で必要性を理解したうえでの規則』
『自分で必要性を理解したうえで自分も作成に関与した規則』

言うまでもないですよね。

「どこか他人事だった規則が自分ごとになった」

「仕方なく守っていた規則を
自分から守ろうと思うようになった」

お客様からそのように言われることもあります。
嬉しい限りです。

クレド・経営指針等を作成する際には、
社員にも参加してもらう会社は少なくありません。

しかし、会社の規則等を作成する際に、
社員の方に参加してもらっている企業は少数です。

なぜでしょうか?

「そんなことをしたら社員に都合が良い
規則になってしまう!」

そのようなに恐れるからではないですか?

しかし、そのようなことは杞憂だと考えます。

もし、本当に、社員の方々に参加してもらい
そのような規則になったとするなら、
それは、ファシリテーターに問題があると私は考えます。

確かに、経営者と社員の方々では価値観というか
考え方が全く違っていると思います。

社員の方々の中でも価値観がまるで
違う方が働いています。

しかし、それだからこそ、
皆で気持ちよく働くためには規則が必要なのだ
という合意形成に至るはずです。

今まで会社を守る就業規則という形で
就業規則をご提供してきました。

しかし、これが現在の私が考える
最新の会社を守る就業規則です。

ところで、このような業務。

普通の社会保険労務士は行っていないと思います。

私の場合は、ファシリテーション塾という場で行ってきた
ファシリテーション活動の経験が役に立っています。
(3年弱もの間120日以上活動しました。)

この活動は、お客様の会社の快適な職場づくり
を目指して楽しいから行っていた活動ですが、
思わぬところで役に立つことになっています。

現在、ワークショップを理論的に(学術的に)深めたいと思い
青山学院のワークショップデザイナー育成プログラムに通っています。

最後になりますが、このようなお話をすると
「もし、それでも全く行動が改まらなかったら?」
と聞かれることがあります。

そのときは、会社として何らかの決断が
必要なときではないでしょうか?

当事務所のサービスの一部については以下のページをご覧ください。
就業規則の従業員説明会
人事労務問題の解決のための就業規則コンサルティングの料金
就業規則の社員説明会の有効活用 ~就業規則の重要性を従業員に自ら気付いてもらう

労務問題(労使のトラブル)を複雑化させない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナー

このブログへお越しいただいた方は、何らかの労務問題を解決したいと思って、お越しになったのだと思います。しかし、労務問題を複雑化させている多くの企業が共通の間違いをおかしています。労務問題は起きてから対処するよりも、そもそも生じさせないことが1番です。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を生じさせないために必要です

そうでないと、仮に、目の前の問題を何とか解決出来たとしても、また似たような問題が出てきます

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このようなトラブルを生じさせないために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を生じさせている企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。現在、御社がそのような状態でないしても、この6つを押さえておくことで、将来、問題が起きたときに、深刻化しなくなります。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題を生じさせないようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は『務問題を生じさせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

メールセミナーの後には不定期でメルマガもお送りしております。

追伸

メールセミナーは、1年近く募集をしておりましたが、1年を通じての募集はしないことに決定いたしました。内容を変えてお送りすることはあるかもしれませんが、今の内容のメールセミナーは2018年2月から5月26日まで募集を停止しておりました。5月下旬かから募集をしておりましたが、再び募集を停止します。停止する理由についてですが、「無料でお伝えする内容ではない」というご意見をお客様から頂いたからです。次回の募集は未定です。

追伸2

もし、現在、残業代、賃金、会社の秩序維持等の具体的な切迫した課題をお持ちでしたら、具体的な解決策を無料で提案する就業規則コンサルティング(無料)を行っておりますので、そちらをご利用下さい。具体的な問題については、専門家に直接聞くことが最も早く、しかも、確実です。いくら検索し情報を入手しても、インターネット上の情報は、御社の事情を無視した一般論でしかありません。御社の抱える具体的な事情をうかがい、それに合ったアドバイスが必要です。労務問題解決のための就業規則コンサルティング(無料)の詳細はこちら

どうか、ご理解のほどよろしくお願いいたします


メールセミナー詳細ページ

コメント

コメントは停止中です。