就業規則のお見積もりのお問合せについて ~比較サイト利用のポイント

当事務所でも「お見積り」のお問合せをいただくことが稀にあります。

ですが、当事務所では、せっかくお問合せいただいたとしても
直接お会いして詳しいお話をうかがうことなく
お見積もりについてお答えすることはできません。

このブログをお読みの方にもお役に立つ内容だと思いますので
その理由について書かせていただきます。

就業規則を作成する際にお考えいただきたいこと!

この記事をお読みの方は就業規則を
作成・変更したいと思われたのだと思いますが、

一つお考えいただきたいことがあります。

御社が就業規則を作成したいと思われたのは
どのような理由からでしょうか?

目的と言い換えていただいてもかまいません。

例えば
・残業の問題を解決したい
・今ある就業規則と実態がかけ離れてきたから変更したい
・テレワーク(場所にとらわれない働き方)を導入したい
など様々な理由があるはずです。

何らかの問題を解決したいと思ったはずです。

例えば、法律上、必要な社員数になったので就業規則を作成したい
と思われた場合であっても、

それは、法律は守りつつも会社の実態に合ったものにしたい
等の目的があるはずです。

課題と言い換えることもできます

就業規則の料金は人事・労務の課題解決に対しての料金

そう考えると、就業規則の料金は御社が抱えている
課題の解決の料金と言い換えることができるはずです。

であれば、以下の事情で全く就業規則の値段が変わってきませんか?

(1)問題解決された場合に御社にもたらされる価値
(2)その御社が抱えている問題の複雑さ・解決の困難さ

抽象的でわかりにくいかもしれませんので
具体的にお話させていただきます。

(1)問題解決された場合に御社にもたらされる価値

例えば、以下の2つを比べてみて下さい。

➀未払い残業代について労働基準監督署から是正勧告を受けたので、
今後は残業を削減していく仕組みをつくりたい。そのために、就業規則を整備したい

➁社員が10人になったのでとりあえず最低限の就業規則があれば良い

①も➁も同じ就業規則を作成する業務です。

しかし、両者では就業規則を作成(変更)した際に
会社にもたらされる価値は全く違うものになるはずです。

年額1000万円単位の残業代にもなりうる残業の削減に取り組む場合と
➁のように質問にYESノウで答えてもらって作成すれば済む料金が同じだったら、
逆におかしくはないでしょうか?

(2)御社が抱えている問題の複雑さ・解決の困難さ

価値がどうとかいう話を抜きにしても、
完成に費やす時間も労力も全く違います。

今までに200を超える会社規程を作成してきました。
(2019年1月1日時点で231規程。一部、コンサルのみの企業を含みます)

かなり多くの規程を作成した方だと思います。

200を超える規程を見直した中には

数時間で終わった業務もありましたが、
逆に、1年に及ぶプロジェクトになったこともあります。

両者で料金は違って当然ではないでしょうか?

就業規則も他のサービス・商品と同じです!

例えば、「家を建てたいのですが、いくらですか?」

このようなご質問をする方はいらっしゃないでしょう。

なぜなら、どのような家かによって
料金が違ってくるのは当然だと誰もが知っているからです。

就業規則に関しても同じです。

家を立てるのと本質は変わりません。

どのような目的でどのような就業規則を作成したいかによって料金は変わります。

しかし、就業規則は作成した(見た)経験がない方もいます。

馴染みがないために、それがわかりずらいだけだと思います。

そういう理由から、就業規則を作成する際には
必ず何人かの専門家の方とお会いすることをお勧めしています。

社会保険労務士 比較サイトをご利用する場合

今は、社会保険労務士の比較サイトというものがあります。

多くの専門家が登録しています。

私は社労士比較サイトに登録をしたことも
登録する予定もありませんが、

事業者にとって便利だとは思います。

多くの専門家を比較できるからです。

せっかく比較できるのです。

もし、ご利用する際には、見積もりの質問ではなく、
御社が抱えている課題にどうやって対処するか?
を質問してみて下さい。

法律についてお聞きすれば、返ってくる内容は同じですが、
課題について質問すれば返ってくる内容は違ってきます。

その内容を比較してご判断いただくのが良いと思います。

そして、その際もメールのやり取りではなく
実際に、何人かとお会いして決定して下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました

就業規則を作成する目的は、人事労務問題の解決ではないですか?
就業規則を作成するメリット?