独立支援制度~ 従業員の独立について

ありきたりな社内制度・社内規程では嫌だ
とお思いの経営者は多いと思います。

競業避止義務等についてのご相談が多いですが、

逆に、お客様のご依頼で従業員の独立支援制度
をつくりたいというご依頼もあります。

従業員が独立する際に、会社として支援するという制度です。

独立支援制度は退職金を上乗せする
という退職金制度の話がメインでしたが、

多く経営者と独立支援制度を一緒に考えていくうちに
独立支援制度を設ける理由は会社ごとに本当に様々
だということがわかりました。

目的が違う以上、その手段である独立支援制度
の内容のご提案も様々なものになります。

導入する目的が違えば内容も
全く違ったものになります。

退職金の上乗せなどごく一部です。

したがって、ご提案させていただいたものも
同じものはありません。

経営者と一緒に制度をつくるのは本当に楽しいですね。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
退職時の誓約書が取れないのはいわば当たり前です!
退職金規程の変更に必要な考え方~既得権と期待権を区別してください

労務問題解決の思考に必要な6つの観点メールセミナー

就業規則の仕事を通じて、会社の労務問題解決について多くの業務を行ってまいりましたが、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、問題をそのときは何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このような労務問題を複雑化させない(そもそも発生すらさせない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしましょう。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

ご受講をお待ちしています!!


メールセミナーを購読する