AI(人工知能)によりなくなる仕事の一つに就業規則の作成業務もある?

AIにより、10年から15年後に、
現在の仕事の40%近くがなくなると
言われていますね。

就業規則の作成業務はどうでしょうか?

これは、どのような業務を行っている
かによると思います。

機械的に質問に答えてもらって、
低価格で就業規則を作成もらう。

確かに、そのような機械的に行える就業規則
の作成サービスはAIが行ってくれると思います。

オーダーメイドで就業規則を作成
すると言っても同じでしょう。

今まで機会が行えなかったものも
人工知能がなら可能になるでしょう。

だからこそ、話題になっているのですしね。

しかし、当事務所は危機感を
抱いてはおりません。

当事務所の業務は就業規則の作成
ではないからです。

徹底的にクライアントの悩みを聞き、
安心してもらえる解決策を模索することです。

それを就業規則という書面にすることです。

もし、従業員のことで経営者が悩んだ時に
良い解決策を機械がはじき出してくれる
時代が来れば別ですが・・

人口知能の話を聞いている限り
それはないのではないか
と思います。

AIがはじき出してくれる時代
が来たら嫌ですね。

そもそも、人工知能がはじき出してくれた
解決策で安心できるか疑問です。

人間は、話を聴いてもらい、
共感してもらうことが大切です。

そのうえで、初めて解決策を
聞く気になっていただける
のではないでしょうか?

それがどんなに合理的でも、
自分の悩みを理解してくれない人
のアドバイスなど聞きたくはない
のではないかと思います。

当事務所が行っているのは
・クライアントの悩みを真摯にうかがい
・悩みを理解したうえで
・解決策を就業規則という書面
にすることです。

就業規則は、会社が抱える課題を
解決する手段に過ぎません。

だから、危機感は抱いていないのです。

今回は、AIと就業規則について
思ったことを書かせていただきました。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

労務問題解決の思考に必要な6つの観点メールセミナー

就業規則の仕事を通じて、会社の労務問題解決について多くの業務を行ってまいりましたが、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、問題をそのときは何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このような労務問題を複雑化させない(そもそも発生すらさせない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

ご受講をお待ちしています!!


メールセミナーを購読する