就業規則の体系図~就業規則に矛盾が生じて困っています

「就業規則に矛盾が生じてしまっています。
自社で対応できなくなったので専門家に一度みて欲しい。」

このようなご相談はとても多いです。

総務部や人事部がきちんとある会社が多いですね。

大抵の場合、法改正の度に、自社で
就業規則の変更(見直し)をし
定額残業代など新しい制度を導入する際に変更をし・・・
という形で変更を繰り返して、

「あれっ、この条文とこの条文って矛盾しているよね」

「それより、この条文は、なんで入れたんだっけ?」

「会社を辞めたAさんが作ったからわからないな」

「マイカー通勤を規定したいけど、どこに入れたら良いんだ?」

「マイカー通勤を規定するなら社有車の規定も必要じゃないか?」

というようなことになることが多いようです。

しかし、なぜ、このようなことが起きるのでしょうか?

これは、会社規則の体系を意識せずに
作成したことに原因があります。

就業規則の体系を考えずに作成すると、
就業規則を変更する際に
どこ(どの条文)を変更してよいか?
又は、どこに条文を入れて良いか?
わからなくなります。

本にも目次があります。就業規則にも目次(体系)が必要です!

 

 

 

 

 

 

本を書く際に、自分の書きたいことを
1ページ目から書き始める人はいないでしょう。

本にはきちんと章立てがあり
その章立てには意味があります。

それが本の体系になります。

会社規則にも体系があるのです。

きちんとした体系の元で就業規則を作成すれば、
このようなことは起きません。

ぜひ、体系を重視して就業規則の作成
を行ってください。

もし、現在、体系がきちんとしていない場合には
体系から全面リニューアルする必要があります。

なお、就業規則の体系図を作成して欲しい
とよく言われますが、

会社規則の体系図を作成しなくても
就業規則の条文の目次がその役割を果たします。

条文の目次を大切にして作成してみてください。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
就業規則の作成は自社で作成したという会社様へ

コメント

コメントは停止中です。