就業規則作成後、ワードファイル(データ)でいただいてますか?

外部の専門家に就業規則の作成をご依頼いただく際に、
必ずご確認いただきたいことがあります。

「就業規則をWordファイル等のデータで
いただけますか?」

必ず確認してください。

信じられないことですが、
紙でしかお渡ししない専門家が意外に多いようです。

もし、就業規則の作成のみをスポットでご依頼したときに、
紙ベースでお渡しされたらどうなるでしょうか?

その後、自社で簡単に変更できませんよね。

ページ数の多い就業規則をデータに入力し直す
という面倒な作業が必要になります。

改訂作業やちょとした直しを自社で
行えるようにするためにも
必ずデータでいただくことが必要です。

そもそも、お客様のためを考えたら
データでお渡しするはずです。

簡単な就業規則の改定をするときには
当社にご依頼くださいということでしょうか?

雇用契約書などと違って、
数十ページになるのが通常の就業規則ですので、

紙の就業規則の文字をデータに
打ち直す際にかかる労力(時間)を考えたら、

その方に仕事を依頼した方が
費用対効果は高いですから。

結果的に、そうならざるを得ません。

同様の理由から就業規則をPDFのみで
お渡しするというのもどうかと思います。

PDFでお渡しするということは
お客様に編集できないようにするということですよね?

法改正等で就業規則を改訂する際には、
「自分に依頼してください」と言っているようなものです。

私はこのようなところにお客様視点で
仕事をしているかどうかが表れると思っています。

必ず事前に確認をしておいてください。

ちなみに、当社会保険労務士事務所では
1.業務の途中までは紙ベースで進めて、
最後に、データで一括してお渡しするケースと
2.最初からデータでやり取りをするケースがあります。

一緒に、学んでいただきたいことがある場合には、
前者のパターンが多いですね。

製本ファイルで(紙で)お渡しした方が
書き込みしたり繰り返し読んだりして覚えやすいからです。

それに、何度も修正したりする業務の場合には、
データですと、どれが最新版かわからなくなってしまっても困ります。

しかし、最終的には、ワードファイルで
渡しするべきです。

いずれにせよ、どちらがお客様のためになるか?
という視点で考えています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事
社会保険労務士選びのポイント ~要注意「それはできません」という一言
社会保険労務士の選び方 ~就業規則の実績の基準って何でしょう?