中小企業における、賃金テーブルをつくるメリット・デメリットは?

「成果主義賃金制度へ移行したい」

良く受けるご依頼です。

その一方で、

「賃金テーブル(賃金表)をつくりたい」
というご相談も受けます。

もちろん、会社としてどうしたいのかが
先にある話ですので正解はありません。

ただ、個人的な意見を言わせていただくと
賃金テーブルを作成するのは
中小企業にとってはデメリット
の方が大きいと思っています。

もちろん、業種によっては
意味のあることです。

例えば、経験年数によって
スキルが上がっていくような
お仕事の場合とかですね。

しかし、今の時代、そういう業種
ばかりではないでしょう。

そもそも、賃金テーブルなどを作成しては
仕事のできる若手社員を抜擢
できなくなりますからね。

結果として、社員からの不満も出てきます。

従業員数が少ない企業に関しては
社長が従業員個々人を見て賃金を決める
ことが最も合理的だと私は思っています。

会社全体を俯瞰した目で見ることができる
のが経営者です。

その全体を俯瞰した目で見て決定したことには
合理性があるといって良いと思っています。

社員の賃金を決めることは
中小企業経営者の最も大切な仕
事の一つではないでしょうか?

なお、同一労働同一賃金のお話は別です。

最後まで、お読みいただきありがとうございいました。