同一労働同一賃金ガイドライン案

同一労働同一賃金について
政府のガイドライン案がでました。

これをもとにして法改正がなされますので
非常に重要です。

しかし、同一労働同一賃金のガイドライン案
の内容を誤解している方が非常に多いようですので、
その解説をしたいと思います。

同一労働同一賃金というと
どのようなイメージをもたれるでしょうか?

・同一の労働をしていれば、
同一の賃金を支払わなければならない

・同一の価値の労働をしていれば
同一の賃金を支払わないといけない

普通に考えるとそのようなもの
をイメージすると思います。

そう考えれば、当然のことながら
勤続年数が10年の社員と今年入社の社員でも

同じ労働をしていれば
同一の賃金を支払わないといけない

そのようなものをイメージすると思います。

しかしながら、現在、そのような法律は存在していませんし、

同一労働同一賃金のガイドライン案を読む限り
そのような法改正がなされることもありません。

同一の労働をしていても勤続年数の違いにより
賃金に違いを設けることも可能ですし

同一の労働をしていても責任の違いによって
賃金に違いを設けることも可能です。

なぜ、同一の労働をしている限り
同じ賃金を支払わないといけない
という誤解を生んでいるのでしょうか?

それは、多くの方が『同一労働同一賃金』
という名称のイメージで話をしているからだと思います。

実際に、政府が出した同一労働同一賃金のガイドライン案
そのものをお読みになったことがある方は少ないようです。

実際のガイドライン案をお読みになれば、
同一の労働をしていても勤続年数等により
賃金に違いを設けることが可能なのは
すぐにわかることです。

では、ガイドライン案は
何を目的としているのでしょうか?

それは、ガイドライン案に『ガイドライン案の趣旨』という項目があり、
そこにはっきりと記載してあります。

(ガイドライン案の趣旨)
○本ガイドライン案は、いわゆる正規雇用労働者と非正規雇用労働者との間で、待遇差が存在する場合に、いかなる待遇差が不合理なものであり、いかなる待遇差は不合理なものでないのかを示したものである。この際、典型的な事例として整理できるものについては、問題とならない例・問題となる例という形で具体例を付した。なお、具体例として整理されていない事例については、各社の労使で個別具体の事情に応じて議論していくことが望まれる。

○今後、この政府のガイドライン案をもとに、法改正の立案作業を進め、本ガイドライン案については、関係者の意見や改正法案についての国会審議を踏まえて、最終的に確定する。

○また、本ガイドライン案は、同一の企業・団体における、正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差を是正することを目的としているため、正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間に実際に待遇差が存在する場合に参照されることを目的としている。このため、そもそも客観的に見て待遇差が存在しない場合については、本ガイドライン案は対象としていない。

要するに、正規雇用労働者と不正規労働者との間
の不合理な待遇差の是正です。

>正規雇用労働者と非正規雇用労働者との間で、待遇差が存在する場合に

この記述から、正規と非正規の間に待遇差を設けても良い
ということがわかります。

ただ、不合理な待遇差があってはいけない
ということなのです。

同一の労働をしている限り同一の賃金を
支払わないといけないのであれば、
待遇差があって良いわけありません。

しかし、そうはなっていません。

また、このガイドラインは法律になる予定ですが、
あくまでも正規と非正規の話です。

>本ガイドライン案は、同一の企業・団体における、正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差を是正することを目的としているため

この1文からもそれが読み取れます。

つまり、正規と正規の間の話は射程外です。

私に対しても以下のようなお話をしてくる方がいます。

「同一労働同一賃金のガイドライン案がでました。
これからは、賃金制度の設計ができることが必須です」

「同一労働同一賃金の実現のためには
職務分析職務評価が必要です」

同一労働同一賃金のガイドライン案の話とは別に、
同一の労働に対して同一の賃金を支払いたい
というのであればそれも良いでしょう。

しかし、今回のガイドライン案が出たことにより
同一の労働に対して同一の賃金を支払う賃金制度を
導入するというのは違うのではないかと思います。

あくまでも、不合理な待遇差を是正する
ことが目的のガイドライン案です。

働き方改革の一つとして同一労働同一賃金が
大きくクローズアップされています。

働き方改革も一つずつきちんと内容を理解して
会社の制度を設けていくことが重要です。

言葉に惑わされないようにしてください。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。