休職期間を短縮することはできますか?

休職期間を1年としている会社は
想像以上に多いです。

大企業にお勤めになっていた経営者の方が
前に働いていた会社の就業規則を参考にして作成した
など様々な理由があるようです。

しかしながら、大企業でもない限り
1年の休職期間は不可能でしょう。

そこで、もう少し短くしたい
というご相談を受けます。

「1年の休職期間を6か月にしたい。いや、
休職制度を廃止にしたい」と思っても

就業規則を従業員の不利益に
変更することになり

従業員(全員)の同意が
必要ではないか?

そうお思いになる経営者の方が
多いようです。

しかしながら、仮に従業員個々人の同意を
得なくてもその内容に合理性があれば、

就業規則は不利益に変更できる
ことになっています。

なお、就業規則の不利益変更については
以下のページでかなり詳しく書いております。
就業規則の不利益変更について

そこで、「休職期間の短縮に
合理性があるかどうか?」
が問われます。

休職制度は会社にとって
維持することが困難であれば、

仮に1年の休職期間を短縮することも
場合によっては休職期間を廃止することも
合理性がある場合はありえます。

従業員の皆様の反発を受けることなく
ご説明できることはできるでしょう。

確かに、休む側からの話となると
休職期間の短縮となります。

しかし、例えば従業員が多くない小さな会社では
一人休んだ場合に代替要員としての従業員を
雇っている余裕はないと思います。

そう考えると、休んでいる人の仕事を
他の従業員がその期間中頑張って
行わないといけない期間になります。

つまり、周りの皆さんで休んでいる人の仕事を
助け合う期間となります。

その期間はどの程度が妥当でしょうか?

1年でしょうか?

従業員数が数千名の会社と数名の会社では
事情が違っているのですから、
結論が違ってきて当然ではないでしょうか?

最後までお読みいただありがとうございました。

労務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナー

申し訳ございません。現在、募集を停止しております。

このブログへお越しいただいた方は、何らかの労務問題を解決したいと思って、お越しになったのだと思います。しかし、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、目の前の問題を何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このようなトラブルを複雑化させない(そもそも発生させない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。現在、御社がそのような状態でないしても、この6つを押さえておくことで、将来、問題が起きたときに、深刻化しなくなります。そもそも、労務問題が減るでしょう。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は『務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

メールセミナーの後にはメルマガもお送りします。


メールセミナー詳細ページ