年俸制にまつわる疑問(残業代の支払い、メリット、想定した社員)

今回は、ご存じの方にとっては
当たり前のことですが、

大切なことですので
お話をさせていただきます。

年俸制を導入したとしても
割増賃金の支払いは必要です。

そうすると、次のような疑問が
生じないでしょうか?

「それなら、年俸制って何ですか?」

「どのような意味があるのですか?」

「導入するメリットは何ですか?」

「そもそも、どのような社員を想定した制度なのですか?」

ご説明します。

■まず、年俸制とは賃金を年額で
示すものです。

・時給制は時間単位で

・月給制は月額で

示すものですよね。

・年俸制は年単位で

示すものに過ぎません。

月給制であっても時間外労働をすれば
時間単位で計算して割増賃金を
支払っていきますよね。

年俸制もそれと同じです。

そのようにお考えください。

■「では年単位で示すことに
どのような意味があるのか?」

導入するメリットですよね。

これは、会社ごとに違うでしょう。

大きな目的(メリット)は
例えば、500万円等と
採用時に年額で示せるので
採用をしやすい・・

ということでしょうか?

■ 「年俸制は、どのような社員
(会社)を想定した制度なのですか?」

対象者ですね。

正解はないのですが、
例えば、労基法上の管理監督者
などを考えてみてください。

労働う基準法上の管理監督者には、
時間外・休日の割増賃金の支払い
が不要ですよね。

(深夜の割増賃金の支払いは必要です)

それなら、賞与や深夜割増賃金
の支払いはあるにしても

賃金の年額が大体決まる
じゃないですか。

もし、賞与1.5か月分として
夏と冬に支払うと決めてしまえば、

深夜割増賃金以外は年額が決まります。

年額が決まるのであれば、
年俸制として年額で示しましょう!

そのような感じで導入する企業
が多いのだと思います。

つまり、年俸制を導入すると
時間外割増賃金を支払わなくて
良くなるのではなく、

そもそも、時間外割増賃金を
支払わなくて良い人に
年俸制を導入するのです。

年俸制を成果主義賃金のために
導入するのは全く意味のないことです。

成果主義賃金の導入したいのであれば、
歩合給の導入など他の制度を
ご検討してください。

今回は、わかりやすく書いたために
正確な表現にはなっていない
ということはご容赦ください。

出来るだけわかりやすく
お伝えしようとすると
正確性を欠きます。

逆に、正確に書こうとすると
専門用語ばかりになり
難しくなってしまいます。

正確性とわかりやすさの両立は
難しいですね。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

労務問題解決の思考に必要な6つの観点メールセミナー

就業規則の仕事を通じて、会社の労務問題解決について多くの業務を行ってまいりましたが、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、問題をそのときは何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このような労務問題を複雑化させない(そもそも発生すらさせない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

ご受講をお待ちしています!!


メールセミナーを購読する

コメント

コメントは停止中です。