在宅勤務はじめ多様な働き方を認める会社が増えています~在宅勤務就業規則等

ここ1年ぐらいでしょうか?
ご依頼をいただく会社様に一定の傾向が出てきています。

多様な働き方を認める会社様が増えてきています。

例えば、「仕事が終わったら終業時刻前であっても
帰ってくれてかまいません。」

「出社時間も別に何時でも良いです。
ただし、悪用されては困りますので
悪用されない対策をお願いします。」

「フレックスタイム制ですか?」
とお聞きしても

「いえ、違います。1日単位で割増賃金をカウントします」
と仰います。

在宅勤務を認める会社様もとても増えてきました。

何というか、場所や時間に縛られない働き方
と言ったら良いのでしょうか?

ベンチャー企業から就業規則の作成のご依頼を受けると
たいてい多様な働き方を認めるケースになります。

朝9時出社・終業18時といった
企業からのご依頼は本当に減りました。

在宅勤務は意思の力が強くないと
ついつい自分を甘やかしてしまうものです。

大学受験の浪人時代を思い出していただけると
ご理解いただけると思います。

自宅に自分の勉強部屋があっても
予備校の自習室や図書館で勉強する浪人生が多いのは
自宅だとついつい怠けてしまうからでしょう。

ダイヤモンドのような強い意志でもない限り、
仕事も同じでついつい自分を甘やかしてしまうものです。

しかし、「結果させ出してくれれば、それでかまいません」

そのようなお考えの会社様が増えていると感じます。

時代は変わってきているのだと実感します。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

労務問題解決の思考に必要な6つの観点メールセミナー

就業規則の仕事を通じて、会社の労務問題解決について多くの業務を行ってまいりましたが、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、問題をそのときは何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このような労務問題を複雑化させない(そもそも発生すらさせない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

ご受講をお待ちしています!!


メールセミナーを購読する

コメント

コメントは停止中です。