中途採用者の賃金を働きに見合った額に引き下げることはできるか?

賃金は会社にとって最も
大切な経営課題ではないでしょうか?

「即戦力を期待して採用した
中途採用者が思ったような実力を
発揮してくれなかった」

そのようなお悩みを
お持ちの経営者は多いです。

そこで、中途採用者の賃金を
働きに見合った額に引き下げたい
というご相談は本当に多いです。

営業を強化しないといけないので、
即戦力の中途社員を採用したのに
結果を出してもらえず。
何のために採用したのか…

このままでは経営難で
会社が潰れてしまう。

そのような経営者が抱える悩みなんて
従業員の皆様を不安にさせてしまうので、
誰にはお話できませんよね。

また、賃金に関しては従業員の間でも
不満のたまりやすい問題です。

「働きに見合った賃金ではないために
他の従業員のモチベーションまで
下げってしまっている。」

結構多いのではないでしょうか?

「引き下げた賃金は頑張ってくれている
他の従業員の昇給分にあててあげたい。」

そうお思いの方も多いと思います。

しかし、基本給だけの賃金体系では
賃金の引き下げは容易ではありません。

このような賃金に関する問題は
手当を有効に活用することで
解消できます。

手当は支給する目的・趣旨を明確にして支給するものです。

深い意味のない手当をつけている
会社様は多いですが、

意味のない手当は見直して、
有効活用するようにしてください。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
基本給の引下げは困難です ~基本給のみの賃金構成にしていませんか?

労務問題を根っこから解決するメールセミナー

このブログへお越しいただいた方は、何らかの労務問題を解決したいと思って、お越しになったのだと思います。しかし、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、目の前の問題を何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このようなトラブルを複雑化させない(そもそも発生させない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。現在、御社がそのような状態でないしても、この6つを押さえておくことで、将来、問題が起きたときに、深刻化しなくなります。そもそも、労務問題が減るでしょう。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は『務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

メールセミナーの後にはメルマガもお送りします。


メールセミナーを購読する