清掃業(ビルメンテナンス)の就業規則 ~セキュリティ対策の必要性

私は学生時代に友人とオフィスの掃除のアルバイトをしていました。

ポリッシャーなどをかけてその後ワックスを塗る床清掃です。
ビルメンテナンスの仕事ですね。

かなり長いこと働きました。

本当に色々な方がいらっしゃいましたね。

実際に長いこと働いていた経験から
今から考えて強く思うことがあります。

それは、多くの清掃業者(ビルメンテナンス業者)は
「会社としてのリスク管理が不十分なのではないか?」
ということです。

清掃会社のリスク管理の脆弱性

当たり前ですが、オフィスの清掃は企業に入って掃除をします。

お客様の会社で掃除をするのですよね。

通常は、誰も立ち入ることができない場所に立ち入ることもあります。

例えば、社長室などです。いや、普段もっと入ることができない場所に立ち入ることもありますよね。

それがどこかはあえて申し上げませんが、
清掃会社の経営者であればご理解いただけるはずです。

場合によっては、一人のこともあるでしょう。

しかし、入社時に誓約書をとられたことがありません。

労働条件通知書なども今から考えると
本当に最低限必要なことしか記載してありませんでした。

また身元保証人などを要求されたこともありません。
就業規則を見せてもらったことなどありません。

とても悲しい現実ですが、世の中悪いこと
をする人もいらっしゃいます。

もし、悪いことをした従業員が出てきてしまった場合、
どうするのでしょうか?

清掃会社は中心となる大きなクライアント様
がいる場合が多いでしょう。

そこの信頼を失ってしまい契約が切られると
大変なことになるのではないでしょうか?

清掃業に限ったことではありませんが、
お客様の会社にうかがって仕事をする業種に関しては
厳しすぎると感じるぐらいのリスク管理を
する必要があると思います。

警備業と同じぐらいのリスク管理を
行っておくべきではないかと思います。

清掃会社のリスク対策

誓約書の提出は抑止効果にもなります。

会社が従業員の不法行為によって損害を受けた場合には
損害賠償を請求することもあありえる。

そんな当たり前のことを説明するだけでも
結果は違ってきます。

本人に請求しても意味がない場合も考えられますので
身元保証人もつけましょう。

今回は詳細を記載するのは避けますが、
身元保証人をつける際のポイントは3つです。

また、会社としての姿勢を示すためにも、
就業規則の作成も必須だと思います。

就業規則は会社、及び真面目に働く従業員を守るためにも整備が必要

それに違反した場合には厳正な姿勢で
挑むことができます。

99.9%の従業員は真面目です。

しかし、たった一人の不届き者がいるだけで大変なことになります。

たった一人で会社を救った社員というのは滅多に聞きませんが、
たった一人の社員の問題行動で会社が傾いたというのはよくある話です。

清掃業(ビルメンテナンス業)に関しては、
業務の性質上、就業規則の作成が会社を守る
ために必須だと思っています。

最近は、大分事情が変わってきたようですが、
それでも整備が遅れている会社は少なくないと感じます。

就業規則は従業員数が10人になったから
仕方なく作成するものではありません。

会社はもちろんのこと、真面目に働いている従業員
をも守るために作成するものです。

就業規則をはじめとした法的な書類を見せられ
ご説明をすることが本当に有効です。

「この会社はきちんとしている」
そう思ってもらえるようにしましょう。

実際に、問題が起きてからでは遅いのですが、
実際に何か問題が生じたのであれば、
それからでも着手しましょう。

1度でも問題が起きたということは
根っこに問題があります。

「たまたま今回だけのレアケースだ」と
お考えいただかない方が良いと思います。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
なぜ、就業規則は会社を守るものと言えるのか? ~会社を守る就業規則とは