雇用契約書にない仕事はさせられません~掃除をさせられない?

人を採用する際にはどこの会社も
雇用契約書を交わしていると思います。
その際の注意点です。

この間、ある飲食店で雇用契約書のお話をさせていただきました。

なお、このことは飲食店に限らず、 どの業界でも当てはまります)

次のようなお話です。

雇用契約書には「従事すべき業務の内容」を書きますよね。

これは、労働基準法で就業規則ではなく
雇用契約書で記載することが求められる内容です。

その際に「接客及び調理補助」と書くのが一般的だと思います。

しかし、これでは不十分です。

「(掃除なども含めて)包括的に仕事をさせる」
という一言を必ず入れてください。

この一言を入れないと、それ以外の仕事、
例えば、お店の清掃をさせられません。

「掃除なんて嫌です。私の仕事は接客です。」

「掃除をするために入ったわけではありません。

「そんな雇用契約を交わしたことありません」

そういうことを言う人が出てきたときに困るからです。

このようなお話をある飲食店のオーナーにお話したところ、
「居酒屋ならいざ知らず、うちのような飲食店ではそんな人いないよ」
と言われてしまいました。

たしかに、ラーメン屋さんなんかだ
とそうそういないと思います。

仰るとおりです。

こんな人ばかりでは
世の中おかしくなります。

しかし、例えば次のようなことは
考えられないでしょうか?

お食事中の方は以下の文章は絶対に
読まないでくださいね(笑)。

ラーメン屋さんではどこにでもいるであろう

黒い悪魔。

ゴッキー

(できる限り可愛らしく書いていきますが、
ゴッキーがNGワードの方も以下読まないでくださいね)

業者に頼むことなく、お店で害虫駆除をすることになりました。

結果、お店の至る所に星の数ほどの
黒い悪魔ゴッキーの死骸。

まだ、息のあるゴキちゃんもいます。

足をバタバタさせている奴すらいます。

当然、始末することになりました。

いつもなら店長がやっています。

しかし、その日は他の仕事で忙しく

バイト君にお願いすることに…。

皆さんが学生のアルバイトならやりますか?

「そんなこと私の仕事ではない。嫌です」

そういう方がいてもおかしくはない
と思いませんか?

ただの掃除だけならまだしも、

トイレ掃除なら現実的問題として
拒否する従業員はたくさんいます。

「トイレ掃除は専門の業者を雇ってください。
トイレ掃除なんて雇用契約書に書いてありません」
という方は普通にいるのは想像できますよね。

しかし、飲食店でトイレ掃除を
専門の業者に依頼するなんてありえません。

どういう事態が生じても困らないよう
な雇用契約書を作成することが大切です。

「(掃除なども含めて)包括的に仕事をさせる」
という一言を入れるだけでこんな事態は防げます。

今回は、飲食店を例に挙げましたが、
どの業界でも当てはまる話です。

例えば、営業限定で採用するなど良くある話です。

何事もポイントとなることがあるのです。

雇用契約書に限らず就業規則でも同じ
問題が生じます。

ぜひ、そういう観点から自社の雇用契約書を
見直してください。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

関連記事
雇用契約書と就業規則の関係〜 どちらが優先されるか?
36協定で残業削減、36協定と雇用契約書の違い?

労務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナー

申し訳ございません。現在、募集を停止しております。

このブログへお越しいただいた方は、何らかの労務問題を解決したいと思って、お越しになったのだと思います。しかし、労務問題を複雑にしている多くの企業が共通の間違いをおかしています。

この『間違い』に気づいていただくことが労務問題を複雑化させないために必要です

そうでないと、仮に、目の前の問題を何とか解決出来たとしても、次から次へと違う問題が出てきますキリがありません。

しかし、就業規則の規定の作り方を解説した書籍やセミナー等は多数存在していますが、このようなトラブルを複雑化させない(そもそも発生させない)ために必要な視点について網羅的に学べる場は中々ありません。

そこで、多くの企業が共通しておかしている『間違い』を6つにまとめたメールセミナーを行うことにいたしました。私の経験上、労務問題を複雑化している(又は、次から次へと問題が発生している)企業のほとんどがこの6つのうちのどれかに該当しています。現在、御社がそのような状態でないしても、この6つを押さえておくことで、将来、問題が起きたときに、深刻化しなくなります。そもそも、労務問題が減るでしょう。

無料メールセミナーをご受講いただき、労務問題に対処できるようにしてください。

更にメールセミナーについての詳細をお知りになりたい方は『務問題をこじらせない6つの視点を手に入れる就業規則メールセミナーページをご覧ください。

メールセミナーの後にはメルマガもお送りします。


メールセミナー詳細ページ

コメント

コメントは停止中です。